賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

【新生活を始める人必見】引っ越し料金を安く抑える方法って?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
引越し

引っ越しは、どうしてもお金がかかるもの。部屋を借りる敷金、礼金。保険や引っ越し業者へ払う料金などなど……。新しい部屋で快適に過ごすためのお金を確保するためにも、引っ越しにかかる費用はできるだけ少なくしたいですよね。そこで、引っ越しにかかる費用を安くするための方法をご紹介します。

引っ越し料金は値下げ交渉できる!?

引っ越し料金見積サイトなどで見積もりをもらってみて、その料金の高さに驚く人は多いのではないかと思います。結果、料金を見て引っ越し業者へ依頼することをあきらめ、友人に頼んでトラックを借りて引っ越しをすることを選ぶ方もいるかもしれません。確かに自分たちですべて済ませることができれば安上がりですが、とても疲れるうえにプロの仕事と比べると非常に時間がかかり非効率です。

引っ越し業者を利用したことがある人は分かると思いますが、とても素早く仕事は丁寧です。引っ越しはプロに任せるのがやはりおすすめです。「だけど、高いしなあ……」と思うあなた。ちょっと待ってください。引っ越し業者が出した引っ越し料金の見積もりは、ほとんどの場合、値下げ交渉が可能なんです。

できるだけ多くの会社から見積もりをもらう

値下げの交渉をする場合、ただ「安くしてください」というよりも「●●さんは、~~円でやってくれるって言っているので、迷ってるんですよね」などという風に交渉した方が、スムーズに話が進みます。

そのためには交渉のための道具を用意しなければなりません。まずは多くの業者へ、同じ条件(引っ越し日、希望時間)で見積を取りましょう。その間に「ここの会社の人が感じが良いから頼みたいな」「ここは仕事が丁寧そうだな」というように、お願いしたい会社が出てくるでしょう。そうしたら、そこへ見積を依頼する際に、「御社はとても感じがよくて、ぜひお願いしたいと思っているのですけれど、他者さんは御社よりも●万円安くやってくれると言ってるので迷っているんです」と言うと交渉しやすくなるのです。

ここで気を付けたいポイントは、「嘘はだめ!」ということです。向こうはプロなので、他社が出す料金の目安はだいたい知っています。きちんと自分で見積もりをもらった上で、ここに頼みたいと思う引っ越し業者に料金交渉をしてみましょう。

日付や時間に余裕がある方が交渉しやすい

女性

値下げ交渉では、「●日の午前中しかだめ」というように限定してしまうと、交渉が成立しなかったり、または値下げ幅が小さかったりという結果になりがちです。

引っ越し業者と交渉したい場合は、「引っ越しは●日から●日の間だったらいつでもいい、時間もそちらの都合の良い時間に合わせます」ぐらいの余裕をもって交渉をすると、驚くほど安い料金まで値下げをしてくれることがあります。

というのは、引っ越し業者にとっても、土曜日の午前中など引っ越しが集中する日時は値下げをするメリットがないけれど、平日の夕方など、一般に引っ越しを希望しない人が多い日程・時間帯ならば安くても引き受けてくれることが多いのです。

思い切り安くしてほしいのであれば、夕方、夜間を選んで引っ越しするというのも一つの手かもしれませんよ。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!