ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

台風で窓ガラスが割れた! 修繕は誰がしてくれるの? 入居者ができる台風対策は?(1/3ページ)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

絵・文/ながれだあかね

こんにちは。ながれだあかねです。

一昨年の台風のとき、マンションのパイプスペースの扉が閉まらなくなりました。「ガシャコーン、ガシャコーン」というすごい音が一晩中、近所に響き渡ったのです(うるさくて寝れない)。

扉が飛ばされないか心配で、窓を開けて外の様子を確認したのが大失敗。風圧で開けた窓が閉まらないんです! 必死で窓を閉めましたが、窓際にあったソファがビショビショに……。台風中に窓を開けるのはタブーなんですね。風圧で窓ガラスが割れることもあるそうですよ!

❶台風による賃貸の部屋の被害 修繕費用の負担は誰がする?

<台風で考えられる被害は?>
・屋根や外壁の損傷
・雨漏り
・浸水・窓ガラスが割れる

雨漏りや浸水が起これば、壁紙や床、建物自体の損壊、家電の故障などもある。また窓ガラスが割れれば、ケガの恐れも。

<被害による賃貸物件の修繕費用は誰の負担になる?>
災害によって建物自体に損傷があった場合、その修繕を行うのは基本的に大家さんになります。大家さんはすぐに修繕する責任があり、また入居者さんも修繕作業による居室内への立ち入りを断ることはできません。早急に行わないと入居者さん自身の生活に支障がでたり、被害状況が悪化する恐れもあるのでお互いに協力するようにしましょう!

次ページ ▶︎ | 基本的にこれらは大家さん側の保険で費用負担・修繕する

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

イラストレーター・ライター

武蔵野美術大学芸術文化学科卒業後、幼児教室にて絵の講師、不動産インターネットメディア事業「ウチコミ!」の広報部を経て、独立。現在はイラストレーター・ライターとして活動中。「お部屋探し」をテーマにした四コマ漫画を始め、似顔絵、結婚式のウェルカムボード、音楽をテーマにした作品を制作。水彩画を中心とした絵を描く。趣味はラジオと落語を聴くこと。 イラスト等のご依頼・ご相談は、下記URLのContactよりお気軽にお問い合わせください。 ながれだあかね 公式ホームページ https://nagaredaakane.morutto.com/

ページのトップへ