ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ダイエットが成功する住まいの条件——青色インテリアで食欲を抑えよう!(1/2ページ)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

絵・文/ながれだあかね

こんにちは、ながれだあかねです。

最近、ちまたで話題の16時間ダイエットを試したのですが、空腹による胃痛で見事に体調を崩しました〜。そして家事が滞り、部屋は散らかり放題。部屋がグチャグチャだと、日課だった筋トレもやる気がでなくて、サボりがちに……。早くもお腹のお肉が増量している気がします。

❶体に影響する色 ダイエットに効果的な色は?

家や街中に溢れる色。これらは私たちの体や心に影響します。

例えば、赤・オレンジ・黄色などの暖色は、「食欲増進効果」があります。これはファーストフード店などでよく用いられる色合いですね!

反対に寒色の青・紫・緑色などは、食欲を抑える効果があるので食器やテーブルマット、インテリアなどに青・紫・緑色などの寒色を用いてみるといいですよ!

赤・オレンジ・黄色=食欲増進
青・紫・緑色=食べ過ぎ防止

<ダイエットが成功する部屋の条件は?>

1.部屋を片付ける

散らかった部屋にいると集中力が低下します。集中力が切れると間食したくなりますし、散らかった部屋はストレスがたまり暴飲暴食につながることもあります。

2.お菓子を置く場所を作らない(お菓子の買い置きをしない)

お菓子を手の届くところにおくと、つい食べてしまいます。お菓子を買い置きするのをやめたり、あえて取りづらい場所に保管するのがおすすめです! 例えば、日持ちするお菓子は防災リュックに入れておくのはどうでしょうか。簡単に出せないし、備蓄にもなっていざというとき安心です。

3.筋トレ・運動スペースを作る

部屋に運動スペースを作って、ストレッチや筋トレをしませんか? そのためにはソファや棚など場所をとる家具を置かないようにするといいです。我が家も以前は、リビングにローテーブルとソファを置いていましたが全て撤去しました。すると部屋が広々として筋トレやストレッチが捗るようになりました!

次ページ ▶︎ | ❷ダイエットが成功する部屋の立地条件は? 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

イラストレーター・ライター

武蔵野美術大学芸術文化学科卒業後、幼児教室にて絵の講師、不動産インターネットメディア事業「ウチコミ!」の広報部を経て、独立。現在はイラストレーター・ライターとして活動中。「お部屋探し」をテーマにした四コマ漫画を始め、似顔絵、結婚式のウェルカムボード、音楽をテーマにした作品を制作。水彩画を中心とした絵を描く。趣味はラジオと落語を聴くこと。 イラスト等のご依頼・ご相談は、下記URLのContactよりお気軽にお問い合わせください。 ながれだあかね 公式ホームページ https://nagaredaakane.morutto.com/

ページのトップへ