賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

窓辺を演出するカーテン――厚手のカーテン、レースのカーテンを素材から見直してみる

Mie

2021/01/08

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/mykeyruna・123RF

古代エジプトからはじまったカーテンの歴史 

今回からは同様に光を取り込むためのインテリアでもある「窓周り」についてのお話です。

「窓周り」の総称を「ウインドゥ・トリートメント」と呼びます。ウインドゥ・トリートメントの主な役割は「光の調節、遮断」「室温の調整」「視線のコントロール」「窓周りの装飾性」などが挙げられます。

ウインドゥ・トリートメントで用いられるものには「カーテン」「ブラインド」「ロールスクリーン」「シェード」「プリーツスクリーン」「パネルスクリーン」「ハニカムスクリーン」「すだれ」などがあります。

そこで今回は、ウインドゥ・トリートメントの中でも最も身近なインテリアでもある「カーテン」を取り上げます。

カーテンの起源は古代エジプトと言われています。とはいっても、この時代は「布」ではなく「皮革」を使用して住居の出入口に吊るしたり、間仕切りとしても使用されたりしていました。

エジプトは昼夜の気温差が激しい環境なので、昼は日除けや遮光として、夜は保温の役割があったようです。やがて布を使用して寝台や寝所の上を天幕のように覆うようになり、その後、ヨーロッパに伝わり、華やかなカーテン文化が開花した歴史があります。

カーテンの一般的イメージとしては、窓、レース地のカーテン、日を遮る布のカーテンと重なるように複数のカーテンを取り付けるイメージがあるのではないでしょうか。

多くの場合はレースカーテンと厚地カーテンですが、実はそれぞれの特徴によって種類が複数に分かれています。

厚地の生地なら「ドレープカーテン」「遮光カーテン」。レース系統の生地なら「シアーカーテン」「ラッセルカーテン」「ケースメントカーテン」「機能レースカーテン」などがあります。

日本では一般的にレースカーテン以外の物を「厚地カーテン」と呼んでいます。厚地と呼称されますが、実際には生地自体の厚さとは全く無関係です。

実際、ホテル内のホールやクラシカルなレストランなどで目にする重厚で豪華な印象の極厚ジャガード織カーテンから、一般住居などに使用する無地、ストライプ、プリント柄などのシンプル、カジュアルな印象の軽く薄手のドビー織カーテンと、生地そのものは幅広いですが、これらを「厚手」と言っているわけです。しかし、こうした厚手のカーテンの総称は「ドレープカーテン」というになります。

 

ドレープカーテンはさまざまなものがあります。 

「遮光カーテン」はドレープカーテンの生地内に黒い糸を織り込んだ物や、アルミなどの金属を生地自体に蒸着させたもの、裏面を樹脂でコーティングしたものなどがあります。

生地によって風合いの変わる「シアーカーテン」

一方、レースのカーテンの総称は「シアーカーテン」と言います。さらにシアーカーテンには《織物レースカーテン》と《編物レースカーテン》の2つに分かれます。

《織物レースカーテン》は、主にボイル生地、オーガンジー生地、ジョーゼット生地、オパールプリント生地、ローン生地の5種があります。

《編物レースカーテン》は、主にラッセル生地、ケースメント生地、機能レースの3種があります。

 

ボイル生地は、絹、朝、綿、レーヨンなどを平織りにした生地でプリント柄の種類やカラーバリエーションが豊富です。

 

オーガンジー生地は、綿、絹、レーヨンなどを極薄手のモスリン織にした物で、シャープでシャキッとした硬めの感触が特徴です。

 

ジョーゼット生地は、強く撚った2種類の糸(タテ糸とヨコ糸)のどちらにも強く撚りをかけた強撚糸を使用して平織りしたあと、仕上げに生地を縮ませて優雅な皺感を出した物です。

オパールプリント生地は、溶解する繊維(レーヨンなど)と、溶解しない繊維(ポリエステルなど)によって織られた生地に、オパール剤とよばれる薬品で様々な模様をプリントし、一方の繊維を溶かして、透明感や立体感を出す技法を施したものです。

 

ローン生地は、細い糸でやや粗めに織られた、薄い平織り生地です。とても肌触りが滑らかで見た目にも上品な風合いで、薄地でありながらも生地に適度なハリ、コシがあるのも特徴です。

 

ラッセル生地は、ラッセル機(大量生産の経編み機)で編まれる柄レース生地のことを指します。日本では最も一般的なレースカーテンで、メッシュや複雑な柄、大柄など、デザインが豊富でとてもポピュラーなレースカーテン生地です。

 

ケースメント生地は、主にポリエステル、アクリル、レーヨン、綿、麻など太い糸を用いてラッセル機よりも粗く仕上がるドビー機を使用し、意匠糸を多く使用して編まれます。その結果、ザックリとした透過性とシッカリとした凹凸のある表面装飾が重厚さと安定感を感じさせるため1枚でレースカーテンとドレープカーテンの機能を持ち合わせていることが特徴です。

 

「機能レースカーテン」は特殊な機能を持った透過性のあるレースカーテンのことです。具体的には「消臭レース」「UVカットレース」「ミラーレース」「遮像レース」「断熱レース」」などがあります。

機能レースカーテンは、特殊な機械で編み上げられ、2種類以上の糸を裏と表で使用する糸を変えているので、消臭機能、UV機能、遮熱機能のある糸を織り込んだり、光沢のある糸を使って光を乱反射することで外から室内を見えにくくするものもります。 

このようにカーテンの種類やテクスチャーには、いろいろなものがあるので、お部屋の使用用途によって使い分けをすることで、バリエーションを楽しむことができます。

次回は「ブラインド」「ロールスクリーン」「シェード」「プリーツスクリーン」「パネルスクリーン」「ハニカムスクリーン」「すだれ」のお話です。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

MIE色彩研究社代表

自由が丘産能短期大学能率課インテリアコーディネーター課程卒業。産業能率大学情報マネジメント学部卒業。東京商工会議所カラーコーディネーター検定試験認定講師。電子機器製造メーカー、産業機械商社に勤めながら、社会人学生として産業心理学を学び、色彩と人間の意識との深い結びつきに共感。さまざまな社会経験を通して、色彩と人の意識に関わる数多くの実証の基、色彩スペシャリストとして事業を展開。東京都中央区銀座のオフィスではこれまでに培ったパーソナルカラー、空間色彩、商品色彩、カラースクール、色彩セミナーなどを個人、法人を問わず全国で行っている。趣味は街散策。

ページのトップへ

ウチコミ!