賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

ホームステージング、リノベーションに採り入れたい「2020-21年」最新インテリアトレンド

内村恵梨

2020/07/11

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

インテリア家具や調度品を使って演出しお部屋の魅力を引き出す「ホームステージング」。すでに採り入れている人もいらっしゃるでしょう。そんなホームステージングや内装リノベーションの参考になる最新のインテリアの流行についてご紹介します。

ボタニカルインテリアで暮らしに癒しとうるおいを

数年前から人気が続いている、ボタニカルスタイル。「ボタニカル」とは、「植物の」や「植物から作られた」という意味です。ファッションで植物柄が流行り、ヘアケア商品で自然由来のものが流行り、さらにはインテリアでもボタニカルスタイルがブームになっています。文字通り、観葉植物をたくさん置いたり、お花を飾ったりするとボタニカルな雰囲気を演出できます。

リアルな植物だと水やりなど維持管理が大変、という方は、フェイクでも十分ボタニカルライフを楽しめます。ニトリやIKEAなどインテリアショップを見てみると、フェイクグリーンの種類が豊富にそろっています。鉢に入ったタイプの置き型や、ツタ系で天井や壁に吊るせるタイプなどさまざまあり、気軽に取り入れることができます。

また、ボタニカル柄のデザインの小物を取り入れるのもお手軽にできるのでおすすめ。クッションカバーなどのファブリックや、壁に飾るポスターなどにボタニカル要素を取り入れてみてはいかがでしょうか。

生活空間に自然を連想させるグリーンがあると、リラックス感が生まれみずみずしく元気な雰囲気になります。ボタニカルインテリアは、お部屋がナチュラルでも、モダンでも、インダストリアルでも、テイストを問わず取り入れることができるのも良いところです。


ボタニカルインテリア

やわらかモノトーンで上品で落ち着いた空間に

モノトーンのインテリアコーディネートは、流行り廃りのない定番のスタイルですが、最近はパキッとしたコントラストのモノトーンではなく、ホワイトと薄めのグレーをベースにしたやわらかい雰囲気のモノトーンが流行しています。やわらかモノトーンにすると、パステルカラーなどを少しアクセントで入れても違和感がありません。

白黒のコントラストを強めるとかっこいい印象になりますが、やわらかいモノトーンにすると、ナチュラルさや上品さが加わりモノトーンでありながら優しい雰囲気や、癒しの雰囲気を作ることができます。


モノトーン

遊び心あるアウトドアアイテムで家の中でもワクワク

コロナ渦で外出自粛となった期間に、家の中でテントを張り、子どもたちを飽きさせない工夫をした、という方もいるのではないでしょうか。アウトドアアイテムを見ると、子どもだけでなく大人もワクワクします。それをインテリアに活用すると、自然の中にいる自分を連想させ、オン・オフの「オフ」の雰囲気を演出するくつろぎ空間を作れるのです。

お皿やカップなど食事をする時のアイテムにアウトドアのものを取り入れたり、折りたたみのできるテーブルやチェア、ネイティブ柄のラグやブランケットを置いてみたりなどすることで、室内でありながら遊び心のあるアクティブな雰囲気の空間にすることができます。


アウトドア

2020年のトレンドカラーを取り入れる

インテリアスタイルの紹介をしてきましたが、最後にトレンドカラーについてお話します。

季節によって変えることのできる自宅の小物や、賃貸のホームステージングに使う小物などは、トレンドカラーをうまく取り入れることで単調でないインテリアコーディネートができます。

●クラシックブルー
世界的な色見本帳ブランドPANTONEが発表した2020年の「カラー・オブ・ザ・イヤー」は、クラシックブルー。ネイビーに近い深みのある落ち着いたブルーなので、インテリアにも取り入れやすく、ソファやラグなどの広い面積を占める家具にも使いやすい色です。デニム素材のインテリアもクラシックブルーに近いので、今年らしいコーディネートになります。ブルーは気持ちを落ち着かせたり、集中力を高める効果があると言われているので、勉強部屋や寝室にも合いそうですね。

●ヒューマンレッド
ヒューマンレッドはJAFCA(日本流行色協会)が発表した2020年の色。色鮮やかな赤で、エネルギッシュでアクティブな雰囲気を演出します。ラグやクッション、キッチン小物など、ほんの一部に取り入れるだけで活気が生まれます。

●ニュートラルカラー
ニュートラルとは、「中立的」「中間的」という意味。彩度が低く、やわらかい色合いで、落ち着いた空間を作ってくれます。白、黒、グレーが元々のニュートラルカラーですが、最近では、アイボリーやベージュなどのオフニュートラルと呼ばれる色も、まとめてニュートラルカラーと呼ばれることが多いようです。

ファッションでも、今はワントーンコーデが流行っています。同じ色で素材を変えたり、同系色でまとめたり、色に関わらず、淡さ・くすみなど色の明るさを統一したコーディネートが人気です。

トレンドのカラーや色の合わせ方は、衣料品店に行って見てみると、インテリアにも参考にできるかもしれませんね。


ニュートラスカラー(クラシックブルー)

いかがでしたか?

今回はインテリアとカラーのトレンドについてご紹介しました。インテリアショップや衣料品店などに定期的に足を運んでみると、トレンドがつかみやすいのでおすすめです。いろいろと情報収集をしながら、インテリアコーディネートを楽しみましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

匠アカデミージャパン 事務局長 (運営:株式会社イマジンプラス)

匠アカデミージャパンは2016年に開校した内装リノベーションのスクール。 単にDIYのノウハウを教えるスクールではなく「人生100年時代の大人の学び直し」の場として、副業やセカンドキャリア、定年後の生き生きとしたライフスタイルに生かせる技術を身につけることを提唱している。 講習内容は、クロスや床材の張り替えや、賃貸住宅大家さん向けワンルームの原状回復コースなど、まったくの経験のない方に対してDIYを超えた職人の技を伝授。照明プランニングや内装コーディネートのセミナーなども開催中。 http://www.takumi-ac.jp/

ページのトップへ

ウチコミ!