ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン
家を買おうと決めたら

「住宅ローン借り換え」を楽にする“ちょいテク”(1/3ページ)

本間弘明

2018/12/18

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

住宅ローンの返済は長期間に及ぶ。借入返済中に市況金利の低下や家族構成の変化に伴い、借り換えや繰り上げ返済を検討する人も多いはずです。今回は住宅ローンの借り換えについて筆者の実務経験も交えてご紹介させて頂きます。

住宅ローンの借り換え見極めポイント

住宅ローンの借り換えについては、
①金利差 :1%以上
②返済期間:10年以上
③借入残高:1000万以上
の要件を満たした場合は借り換えを検討する価値がある。

最近の住宅ローンの借り入れ金利は、S銀行(2018年12月適用金利)の場合、
・変動金利 :0.418%
・10年固定:0.800%
・20年固定:1.320%
・35年固定:1.480%
と過去の住宅ローン金利の中でも最も低い水準となっている。

借り換えの際の留意点として、金利差だけでなく、借り換えにかかる諸費用についても考慮しておきたい。
一般的に金融機関を変える場合は借入額の約1~3%程度が必要になる。

次ページ ▶︎ | いざ手続き、立ちはだかるハードル 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

株式会社お客様相談室 代表取締役  (社)介護相続コンシェルジュ協会 相談員

1969年 新潟生まれ。生命保険、損害保険だけでなく、確定拠出年金、NISA、投資信託を交えた総合的なコンサルティングを得意とする。企業向け選択制確定拠出年金の導入による社会保険料削減提案や各種共済、生命保険を活用した退職金制度の導入コンサルを中心とした経営アドバイザーとして活動している。また、ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー、相続診断士、DCマイスター、損害保険トータルプランナーなどの資格を持ち、生損会社、税理士、社労士向けの講演や、新聞や雑誌への寄稿も行っている。

ページのトップへ