ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

環境アレルギー対策で、さらに健康増進! 第6回「空気を数値化する大切さ」(1/2ページ)

加藤 美奈子加藤 美奈子

2020/07/17

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

空気測定ができるITセンサーGiA(ジアー)

ウィズコロナ時代の室内環境管理

今(2020年7月)、ウィズコロナ期で、皆さんの室内環境はどのように管理していますか?

手の消毒、マスク、体温測定、感染症チェックシート、樹脂の透明シートで対面の場所を遮る、フェイスシールド、窓を開け換気をするなどをされていますか? 6回目(過去の記事一覧)となる本稿は、皆様に新しい空気管理のご提案をします。

人は清浄な空気を呼吸する権利があります。2005年WHO(世界保健機関)による清浄空気に関する人権宣言では、「すべての人は清浄な室内空気を呼吸する権利を有する」と述べています。今回、日本で初上陸の空気測定ができるITセンサーGiA(ジアー)を使ってさまざまな場所、条件を変えて測定した結果を報告します。そして私たちが今できる空気の質を上げる対策をご提案し、それが皆様の健康増進の一助になればと思います。

条件① 換気をせず、その部屋で蚊取り線香をつけ測定
条件② 換気をせず、紙に香水を5〜6滴プッシュし、センサーに向かって紙をぱたぱたゆらぎ測定
条件③ 集会で24時間換気システムの稼働を強にし、人が40人集まった時に測定

 

※表の言葉の意味
・ホルムアルデヒドとは、揮発性有機化合物(VOC)の一種で毒性は強い。水溶剤はホルマリン。防腐剤、防菌剤に使用される。
・総揮発性有機化合物(TVOC)とは、そこに存在するVOCの総量のことを指し、複数の揮発性有機化合物の混合物を可能な限り、同定、定量した濃度レベルをいう。一般的にはガスクロマトグラフ法により分離定量されたVOCの総計といわれているが、研究者や国により考え方が異なり統一はされていません。
・IAQとは、GiAの数値の総評価値

次ページ ▶︎ | 空気を数値化すると、空気汚染の原因物質が何かがはっきり分かる 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

春日井環境アレルギー対策センター 代表

子どもがアレルギー起因の喘息で入退院を繰り返した経験から、2011年にアレルギーをもつ子どもの育児をサポートする任意団体を設立。2018年、春日井環境アレルギー対策センターを設立し、健康住宅建築や既存建築物の空気質測定、室内空気環境品質検査認証などを中心に事業展開。アレルギー患者を一人でも減らすべく日々活動している。資格:看護師、環境アレルギーアドバイザー、シックハウス診断士

ページのトップへ