ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

新しいオフィスのかたち「猫のいるオフィス」のつくり方(1/3ページ)

山本 葉子山本 葉子

2020/05/29

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

会社に行くと猫がいる――。

猫好きな方にはとても魅力的な状況ではないでしょうか。仕事の合間に猫たちに触れる。のんびりしている猫を眺めるだけでストレス解消になるものです。
もちろん、猫が苦手な方にも配慮しながら、個性的で社会貢献事業にもなる運営ができたらいいなと考えたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

猫の保護団体NPO法人東京キャットガーディアンでは、行き場のない猫の保護・譲渡を行う活動をしています。救える命をなるべく多くするために、ありとあらゆる方法を模索しているわけですが、猫を保護して里親さんへ譲渡するまでの時間を作るためのスペースが必要なのです。企業さんと猫の保護団体双方にとって、メリットのある事業について考えてみます。

「会社内保護猫カフェ計画」

資金力のある企業さんが「自社ビルの空いているフロアで何か提案してほしい」と言ってきてくださったことがあります。100坪以上のフラットな空間――楽しい想像が次々と湧きます。

担当者の方と顔合わせすると「私、猫飼っています」「実家にはたくさん猫がいて」「マンションがペット不可なのが残念で」と、みなさんかなりの猫好きでした。猫の保護団体と企画の話をするのですから、当然と言えばそうなのですが。

「どんな風に人間の都合や会社の都合と猫たちの都合を折り合わせていくか」

雑談をしながらたくさんのことを書き出していきました。そこでなんとなく出来上がってきたのが「会社の中の保護猫カフェ」というもの。働く人の福利厚生として猫たちに癒される場所があったらいいなというものでした。しかも行き場のない猫たちの助けになり、猫が苦手な人は保護猫カフェを利用しないという運用です。

自宅マンションがペット不可だと嘆いていた女性が「朝会社に来て猫達に会えるなんて!」と、目をキラキラさせています。「休憩の時に保護猫カフェに行って猫達と遊べるのだから他の会社に自慢したくなる」と話す男性のご担当者。「うちには猫が2匹いるけれど、会社で会える猫は別腹だよね」とまるで食後のデザートのような発言は、管理職の方でした。

さて、それらを実現させるためにはどんな工夫が必要になったか。

内装はある程度作って大丈夫。キャットステップやキャットウォークや猫ドアのある楽しい部屋が次々と提案されます。海外の事例の参考写真なども見ながらのミーティングはとても面白いです。猫たちのお世話は保護団体職員が担当することになりました。きちんとしたお仕事の依頼で大変ありがたいご提案でした。

次ページ ▶︎ | 「保護猫カフェ」である以上必要な条件と大きなハードル 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

NPO法人東京キャットガーディアン 代表

東京都生まれ。2008年猫カフェスペースを設けた開放型シェルター(保護猫カフェ)を立ち上げ、2019年末までに7000頭以上の猫を里親に譲渡。住民が猫の預かりボランティアをする「猫付きマンション」「猫付きシェアハウス」を考案。「足りないのは愛情ではなくシステム」をモットーに保護猫活動を行っている。

ページのトップへ