ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン
信じられないほど○○が速いんです!

ご存知ですか? 不動産投資の世界で人気No.1銀行の秘密(1/2ページ)

尾嶋健信尾嶋健信

2016/06/01

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

最大の魅力はローン審査の「スピード」

不動産投資の世界で、不動産業者に最も人気のあるのはどの銀行なのか、ご存知でしょうか?

もしかすると、私の身の回りに限っての話なのかもしれませんが、不動産業者に人気があるのは、日本三大メガバンクであるMTU銀行でも、M銀行でも、MS銀行でもありません。実は、地方銀行のS銀行なんです。

では、S銀行はなぜ、不動産投資物件を扱う不動産業者に人気があるのでしょうか。

理由のひとつは、不動産業者の顧客が物件購入のために銀行に融資をお願いする場合、ローン審査を経て融資の決済が下りるまで、信じられないくらいスピーディーだからです。

たとえば、信用金庫だったら決済まで1カ月はかかりそうな2億円クラスの案件でも、S銀行であれば、通常は1週間で決済が下ります。

実際、私は最短で、ローン申請の翌日に決済が下りた例も知っています。もっとも、そのときはちょうど年度末というタイミングで、融資を受けるのが国家公務員という、ピカピカの属性を持つ人であり、S銀行の支店長も仲介した不動産業者もすごくやり手だったと、即決する条件が揃っていたのですが。

ローン審査が緩やかなのも魅力

S銀行が不動産業者に支持されるふたつめの理由は、ローン審査の基準が比較的緩やかなことです。私の印象では、個人の不動産投資家でも、年収700万円以上の属性の良いサラリーマンであれば、上限2億円までなら、意外と簡単にローン審査は通ります。

ただし、そのかわり、他銀行のアパートローン(不動産投資ローン)に比べて、S銀行の金利は割高になります。他銀行が2.5〜3.5パーセント程度なのに対して、S銀行は基本的に金利4.5パーセントですから。

それでも、「審査が速くて、融資も下りやすい」S銀行は、不動産投資物件を扱う不動産業者にはもちろん、これから投資物件を買おうとしている不動産投資家にも、S銀行はきわめて魅力的に見えます。

現在の不動産投資市場では、スピードが命。個人投資家が続々市場 に参入しているいま、高利回りが期待できる優良物件は早い者勝ちでたちまち売れていきます。市場のムードは、「優良物件を見つけたら即、買い!」。だからこそ、不動産購入資金をすぐに用立ててくれるS銀行が人気を集めている、というわけです。

次ページ ▶︎ | 全額融資を受けるのは本当にラッキーか?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

満室経営株式会社 代表取締役

1970年、神奈川県逗子市生まれ。青山学院大学経営学部卒業。 大学卒業後、カメラマン修行を経て、実家の写真館を継ぐ。その後、不動産管理会社に勤務。試行錯誤の末、独自の空室対策のノウハウを確立する。 2014年時点で、500人以上の大家さんと4000戸以上の空室を埋めた実績を持つ。著書に「満室革命プログラム」(ソフトバンククリエイティブ)、「満室スターNO1養成講座」(税務経理協会)がある。 現在、「月刊満室経営新聞(一般社団法人 日本賃貸経営業協会)、「賃貸ライフ(株式会社 ビジネスプレス出版社)」にコラム連載中。 大前研一BTT大学不動産投資講座講師。

ページのトップへ