梅雨の季節にオススメ!布団の室内ケアと布団乾燥機

布団

布団のケアには天日干しが良いと分かっていても、梅雨の季節や花粉の季節にはなかなかできませんよね。 そこで今回は、布団の室内ケアの方法や布団乾燥機の効果的な選び方などを紹介します。 ぜひ試してみてください。

布団は湿気だらけ

人間が寝ている間にかく汗はコップ1杯分と言われています。 ダニは高温多湿の環境を好むため、布団が湿気を帯びると、どんどんダニが増殖していきます。

布団のケアには天日干しが最も効果的ですが、実践するのが難しい季節には室内でできるケアと布団乾燥機が有効です。 部屋の湿度管理や換気をしながら、ダニが生息しにくい環境作りをするよう心掛けましょう。

布団をはたくのは逆効果

ダニを追い出す目的で、ベランダで布団たたきを使って布団を念入りにはたいている方もいるのではないでしょうか? しかし、この方法はダニの死骸やフンが中に入り込んでしまうため、実は逆効果なのです。 同時にアレルゲンの原因にもなってしまうので、やめましょう。

布団乾燥機がダニ退治に効果的なワケ

ダニ

ダニが好む環境は気温20〜30度、湿度60%以上です。 布団乾燥機を使えば布団を50度以上の高温状態にさせ、同時に布団の除湿も行うことができるので、効果的にダニ退治ができます。 50度以上の高温でダニが死滅したとしても、布団の除湿が行われていないとダニが再発生してしまうこともあるので、しっかりと除湿まで行いましょう。

布団乾燥機の効果的な使用方法

実際に布団乾燥機でダニ退治をする際は、布団内部の温度が50度に達してから20分以上使用し続けましょう。 布団乾燥機の種類によってはダニ退治専用ボタンがあるものもあります。 週に1回程度のペースで行うことが理想的です。

布団乾燥機でダニを死滅させることができても、ダニの死がいまでは取り除くことができないので、使用した後はしっかりと掃除機をかけましょう。 ゆっくりと1方向にかけることで、効率良くダニを取り除くことができます。

また布団乾燥機は50度以上の高温が出る機械であるため、周囲に可燃性のものを置かないようにしましょう。 女性の場合、普段ボディオイルなどをつけて寝ていると、使用時に発火の原因となることもあるため注意が必要です。

布団専用小型クリーナーを使用する

日光の中には殺菌効果がある紫外線が含まれているので、その効果を備えた布団専用小型クリーナーを使用するのも効果的です。 ダニと一緒に細かいホコリも吸い取ることができ、中には紫外線と乾燥機能を備えたものもあります。 購入する際には、さまざまなメーカーのクリーナーの機能を比べてみると良いでしょう。

ヨコヤマ
ウチコミ!でお得にお部屋探しをしよう
掲載物件は全て大家さん自身。不動産会社を挟まずに直接大家さんと話ができる新しいお部屋探し。ウチコミ!掲載物件は全て仲介手数料無料。ぜひ掘り出し物のお部屋を探してみてください!!
ウチコミ!でお部屋探しはこちら