ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン
今日もどこかの街で美食探訪 ねこやま大吉のグルメ狩人

東京都(千代田区〜港区〜中央区) 動く空中レストランで東京の街並みを独り占め 『東京レストランバス』で味わうヨーロピアンランチ(2/2ページ)

ねこやま大吉ねこやま大吉

2021/11/15

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

太陽と風、そして料理 街中の喧騒さえも心地よい

旅路も中間地点。お台場で30分の停車後、丸の内に向けて動き出す。

メインディッシュの豚肩肉のコンフィーがテーブルに運ばれる。じっくり煮込まれた肉とソースの相性がとてもよく、口の中で、凝縮された旨味がほどけ美味しさが五感を刺激する。付け合わせの温野菜、ポテトもしっかりしている。BGMは街中のいつも耳にする音。バスのエンジン音もここに座ればとても心地よい。

豊洲を抜け、勝どき橋を通過する。旅路も終盤に差し掛かる頃、デザートの登場だ。フォンダンショコラパンナコッタべリーソース、甘い香りと珈琲の香りがテーブル席を包み込む。窓からは歌舞伎座が見える。外側はカカオの苦みを残し程よく焼き上げてある。

ショコラにフォークを入れれば中からチョコレートが溢れ出す。ブルーベリーの酸っぱさが口の中を整えてくれる。甘さ控えめのパンナコッタを食べ、珈琲を飲み終える頃、バスは終着地点、東京丸の内に到着する。

いつもと変わらない雑踏の中を、美味しい料理、まぶしい太陽、心地よい風にあたりながら流れゆく東京を独り占めできる異空間。こんな贅沢な時間、なかなか過ごせるものではない。

今回搭乗したおいしいお店:『東京レストランバス』(運営会社:WILLER株式会社)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

編集者・ライター

長年出版業界に従事し、グルメからファッション、ペットまで幅広いジャンルの雑誌を手掛ける。全国地域活性事業の一環でご当地グルメを発掘中。趣味は街ネタ散歩とご当地食べ歩き。現在、猫の快適部屋を目指し日々こつこつ猫部屋を制作中。

ページのトップへ