ウチコミ!タイムズ

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

4ステップで完了♪ 初めての一人暮らしどうしたらいいの!と困っているあなたへ 一人暮らしを始めるための流れとやる事リスト

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

今年もまもなく引っ越しシーズン到来!  初めての一人暮らしって何から準備をすればいいの…!?と不安に思っている人も多いのではないでしょうか。これから一人暮らしをする人も、いつかはしたい!と思っている人にも役に立つ、一人暮らしに向けて必要なステップを4つに分けてまとめました♪

*一人暮らしを始めるための4つのステップ
<STEP1>一人暮らしを始めるまでの準備 ~一人暮らしにお金ってどれくらい必要?~
<STEP2>お部屋探し編 ~お部屋の探し方と契約までの流れ~
<STEP3>引っ越し前の準備 ~これをしておけば大丈夫!4つのポイントを押さえるだけ~
<STEP4>引っ越し後やるべきこと ~新生活をスムーズに送るためにやっておくべきこと

<STEP1> 一人暮らしを始めるまでの準備

実家を離れ自立して生活していくためには、まずお部屋を借りるための初期費用や月々の生活費(ランニングコスト)など、これまでかかっていなかった費用が必要となってきます。また、新居で必要となる家具・家電を購入する費用も必要となりますので、一人暮らしを始める前にある程度の貯金をしておきましょう。

*初期費用 目安:家賃の3~6ヵ月分

初期費用は、物件を借りるためにかかる費用です。物件や探し方によっても初期費用の支払い方法や金額も様々になってきていますが、初期費用の相場としては、家賃の3~6ヵ月分と言われています。なるべく費用を抑えてお引越しできると、新生活に必要な家具や日用品に使える資金に回すことが出来ます。

*ランニングコスト 目安:15万円前後

月々の家賃の支払いに加えて、光熱費やインターネット代など固定でかかってくる費用も発生します。ランニングコストは必ず毎月かかるものなので、しっかりとシミュレーションをしておく必要があります。一般的なランニングコストは下記の通りです。

家賃が5万円の場合のランニングコスト(目安)

*家具・家電 購入費用 目安:15万円~20万円

新居が家具・家電付の物件でなければ、新たに購入する必要があります。
家電量販店やネットでも、「新生活を応援する家電パック」などお得に家電を揃えられるものもあります。また、お部屋によってはスペース的に置くことができる家具・家電のサイズが限られる場合や、物を置くことで部屋を狭くしてしまう原因になってしまうこともあるので、お部屋の内見の際には目星をつけた家具・家電が置けるかをイメージしながら、部屋の寸法も図っておくとスムーズでしょう。

<STEP2>お部屋探し編

一人暮らしのイメージも付いてきたところで、いよいよお部屋探し!
お部屋探しから実際に契約するまでには大きく分けて4ステップあります。

①お部屋探し

まずお部屋探し!と言っても、どうやって探せばいいかもよく分からない…という方も多いと思います。
お部屋探しのポイントとしては下記を意識すると良いでしょう♪

*お部屋探しのポイント
・住みたいエリアを決める
・物件の設備など希望の条件を出しておく
・家賃は手取りの3分の1が目安

最近ではネットでも簡単に物件検索が可能ですので、条件に合う物件を調べてみましょう。仕事などで忙しく、全て任せたい!という人は地域の不動産会社へ来店し、相談すると自分で探す手間を省くことも出来るので、自分に合った方法でお部屋探しをすると良いでしょう。

②内見

実際に内見に行きましょう!ネット上でお部屋の情報や写真を見て家具の配置や実際の生活のイメージを付けることも可能ですが、実際にお部屋や周辺の環境を見ることによって、分かることも多いです。

*室内のチェックポイント
・日当たり
・部屋の臭い
・防音面(隣の部屋や上階の部屋、室外からの騒音)
・収納がどれくらいあるか などなど

*室内以外のチェックポイント
・自転車置き場、駐車場(家からの距離や広さ)
・近隣のスーパー・コンビニや駅までの道(意外と遠い、夜暗いなどあるかも)

③申し込み~契約までの流れ

ここだ!というお部屋が見つかったら、下記の流れを経てお部屋の契約に至ります。

・入居申し込み:お部屋の仮押さえ
・入居審査  :家賃の支払い能力があるか判断するための審査
・重要事項説明:物件についての説明や契約内容の詳細を確認するために行う(契約と同日に行うことが多いです。)
  ↓ 
  契約!!


お部屋探し完了('ω')ノ☆彡

<STEP3>引っ越し前 準備編

お部屋が決まったら、いよいよ引っ越しに向けて準備をしていきましょう。

*引っ越し前にやることリスト
□引っ越し業者を予約する
□新居に持っていくものを荷造りする
□新居で必要なものを購入する
□各種手続きをする

*引っ越し業者を予約する
引っ越しシーズンの3月~4月に引っ越しを予定している方は、引っ越しシーズンで込み合うことも予想されるので早めに引っ越し業者に依頼しておくことをお勧めします。
余裕を持って遅くとも2週間~1ヵ月前に予約をしておくと安心です。

*新居に持っていくものを荷造りする
段ボールは引っ越し業者からサービスでもらえることが多いです。また、引っ越しに伴って、意外と不用品が出てきますので不用品の処分も行いましょう。

*新居で必要なものを購入する
「<STEP1>一人暮らしを始めるまでの準備」でも触れた家具・家電、加えて日用品などが必要となります。大型の家具・家電は、入居に合わせて荷物が届くように購入の際に手配しておくとスムーズです。また、初めての引っ越しだと初日になくて困る物も何かと多いので、一人暮らし経験者に聞いた「これがあれば大丈夫!新居に引っ越し初日にあると助かる物リスト」ご活用ください♪

*生活面で必要
□カーテン
□ベッド・マットレス・布団などの寝具
□トイレットペーパー、ティッシュペーパー
□洗面用具(洗顔料、歯磨きセット)
□お風呂セット(シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ)
□ドライヤー
□タオル


*引っ越し作業で必要
□荷ほどき用の道具
□ゴミ袋

*各種手続き
電気・水道・インターネット・郵便物転送手続きあらかじめ電話やネット上から各種問い合わせ先へ問い合わせておきましょう。ガスの開栓には立ち合いが必要となります。予約が必要となりますので、早めに連絡しておきましょう。その他、現居住自治体に転出届を提出し、「転出証明書」をもらいましょう。「転出証明書」は引っ越し後提出する必要がありますので、大切に保管しておきましょう。

<STEP4>引っ越し後 やるべきこと

引っ越し後は、荷物の荷ほどきに加え、入居前にできなかった各種手続きを行う必要があります。

*入居後に行う手続き
□転居先の自治体への転入届と国民年金・国民健康保険の手続き
(引越し後14日以内に行いましょう。引越し前に準備した転出届と印鑑、身分証明書を持参する必要があります。)
□住民票や印鑑証明書、運転免許証などの住所変更手続き

まとめ

初めての一人暮らしをスタートさせるためにやることはたくさんありますが流れや手順が分かっていると安心ですね♪
新生活を始めるにあたって何かと忙しくなるので、スケジュールには十分な余裕をもって進めていきましょう!

 


↑お得にお部屋探しするなら初期費用無料の「ウチコミ!」↑

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!