賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

あなたが住むならどっち!? エレベーター付き物件か否か 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

 

  

こんにちは、ながれだあかねです。私が住んでいるマンション。選んだ決め手の一つは、「エレベーター」でした。妊娠したときや子育てをするときのことを想像したら、「ベビーカーを担いで階段の登り降りするのは過酷だぜ。」となりました。今回は、エレベーターがついている物件とエレベーターがついていない物件、それぞれのメリットとデメリットと、さらにそれぞれの物件に向いているのはどんな人かをご紹介します!

 

目次▼

❶物件によるエレベーターの設置義務は?

❷エレベーター付き物件のメリット・デメリット

❸エレベーターなし物件のメリット・デメリット

 

❶物件によるエレベーターの設置義務は?

 

赤ちゃんのいるファミリーから高齢者、単身世帯まで、いろいろな人が住むマンションやアパート。「そもそも2階以上の物件には、すべてエレベーターをつけてくれよ!」とも思いますが、実際はそうもいきませんよね。

法律的には、何階建ての物件からエレベーターの設置が義務付けられているのかな?

建築基準法で定められているのは・・・「高さ31mをこえる建築物には、非常用の昇降機を設けなければならない」と定められている。

 

※非常用の昇降機:火災などが起きた場合に消火活動に使用するエレベーターのこと。平常時は住人の常用エレベーターとして使われる。

高さ31mって、実際何階なのさ!?

じつは「何階から設置しなくてはいけない」というような決まりはありません。だいたい「高さ31m」というと7階〜10建てのマンションくらいです。自治体によっては、「6階以上の設置義務」などと具体的に決まっているところもあります。とはいえ、高さ31mを越えない物件でも「エレベーター」がついている物件はたくさんあります。住人の利便性やニーズも考えると4階以上のマンションにはエレベーターが設置してある場合が多いです。これから高齢者向けの住宅が増えていけば、低層でもエレベーターがついている物件が増えていくことでしょう!

 

サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)など高齢者向け住宅の場合は・・・

国土交通省の「高齢者の居住の安定確保に関する法律」により、3階以上の物件にはエレベーターの設置義務がある。

 

 

 

❷エレベーター付き物件のメリット・デメリット 

 

 

<エレベーター付き物件のメリット>

・怪我をしたり妊娠したとき、エレベーターがあると安心

・子どもを乗せてベビーカーで移動する際にエレベーターがあると便利

・高齢になって階段の登り降りが難しくなってもエレベーターがあれば長期間住むことができる

・引っ越しの荷物や大きな家具の搬入がしやすい

・持ち家の場合、エレベーターがある物件の方が資産価値が高い

 

<エレベーター付き物件のデメリット>

・朝のエレベーター待ちが長いことがある

・メンテナンス費用がかかるので賃料や管理費が高くなる傾向がある

・持ち家の場合、購入金額が高い傾向がある

・エレベーターは密室なので犯罪が発生するリスクがある

・階段を使わないと運動不足になる

 

エレベーターを使わない1階の住人は損してる!?

一階に住んでいる人は、基本的にエレベーターを使いません。「それなのに同じ管理費(値段が違う物件もあるかもしれませんが)を支払っているなんて損じゃない?」と思うかもしれませんね。しかし、1階の場合は2階以上のお部屋に比べて賃料や物件の値段が安い傾向があります。また1階の住人も「エレベーターと無縁」というわけではないのです。すべての住人の生活に関わる貯水タンクの清掃や点検、マンションの共有部分の掃除などで業者さんや管理人さんもエレベーターを利用しています。私たちが衛生的に生活できるようにエレベーターが一役かっているんですね。

 

エレベーター付き物件 オススメな人

・小さい子どもがいるファミリー

・高齢になるまで長い期間の入居を希望する人

・体力に自信がない人

 

 

 

❸エレベーターなし物件のメリット・デメリット

 

<エレベーターなし物件のメリット>

・管理費や家賃が安い

・足腰が強くなる&運動不足解消

・密室になる空間がないので防犯上、安心

・分譲の場合、購入金額を抑えることができる

 

<エレベーターなし物件のデメリット>

引っ越しの際に追加料金がかかる可能性がある

荷物の運搬が大変

持ち家の場合、将来物件を売却しづらい可能性がある。

高齢になったときに3階以上に階段で登り降りするのがつらい 

重い荷物を持っているときにつらい

 

 

エレベーターなし物件 オススメな人

・家賃を節約したい人

・体力に自信がある&運動不足解消したい人

 

 いかがでしたか?

健康面や賃料を考えるとエレベーターなし物件もありだったかあ・・・と今更ながら感じています。お金を節約したい学生時代や新卒のときは「エレベーターなし物件」、貯金ができて生活にゆとりができたら「エレベーター付き物件」に引っ越しするなど、ライフプランにあわせて物件を変えてみるのもいいかもしれませんね。

え?初期費用が高いから、そんなに頻繁には引っ越しできない?

そんなことないですよ! 「ウチコミ!」は、大家さんに直接相談できる&仲介手数料無料のお部屋探しサイトです! 敷金・礼金が0円の物件もたくさんあります。「ウチコミ!」でお得に引っ越しをしてみませんか?

 

ウチコミ!は、全物件仲介手数料無料のお部屋探しサイトです。しかも大家さんに直接相談ができます。「ウチコミ!」のお部屋探しはコチラから!

 

 

(絵・文/ながれだあかね)

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを情報発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!