ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

コロナ禍での引っ越しで気をつけること 訪問見積もりはどうする?(1/2ページ)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

 

 

こんにちは、ながれだあかねです。引っ越し作業は、複数の作業員が同じ空間で作業をするため、ソーシャルディスタンスが取りづらく心配になってしまう人もいるかもしれません。今回は、コロナウイルスに感染しない・感染させないために、引っ越しをする上で気をつけることをご紹介します!

  

目次▼

❶訪問見積もりはするべき? 訪問見積もりのメリットとデメリット

❷訪問見積もりをする際の注意点

❸コロナ禍の引っ越しで気をつけること・引っ越し後の隣人への挨拶は?

 

 

 

 

❶訪問見積もりはするべき? 訪問見積もりのメリットとデメリット

 

<訪問見積もりとは>

引っ越し業者が家に来て、実際に荷物や家具の大きさや量などを確認して見積もりを出すこと

 

<訪問見積もりのメリット> 

・見積もりの交渉がしやすく、見積もりの内訳などもその場で質問できる

・引っ越しの荷物量がどれくらいあるか正確に把握できるため、見積もりに誤差が少ない

・荷物を運ぶための物件の通路やエレベーター、物件の前の道なども事前に確認してもらえる

  

<訪問見積もりのデメリット>

・引っ越しする日程、荷物の量、転居先など、具体的な情報が決まってからでないと明確な金額を出すことができない

・訪問見積もりは30分〜1時間ほどかかる

・作業員が家に訪問するので、感染リスクがある

 

 

❷訪問見積もりをする際の注意点

 

 

<訪問見積もりをする際は、こんなことを心がけよう!>

  • 引っ越し業者さんにも手洗いやアルコール消毒をしてもらう
  • マスクをしてもらう
  • 荷物は玄関においてもらう(ウイルスを部屋の中に持ち込まない)
  • 部屋の換気をしっかりする
  • 人と人との距離をとる
  • 帰ったあとは、ドアノブなどアルコール除菌をし、自分自身も手洗いやうがいをする

 

 

→訪問見積もりが心配な人は・・・

 

訪問見積もりではなく、電話やメールでの方法で見積もり依頼ができないか事前に確認しよう!

 

 

次ページ ▶︎ | コロナ禍の引っ越しで気をつけること・引っ越し後の隣人への挨拶は? 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ