ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

一人暮らし女子の現実!ダサい部屋ってどんな部屋?(1/3ページ)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

私が一人暮らしをするきっかけは、大学の上京でも転勤でもありません。彼氏(現在の夫)とお家デートがしたかったからです。そして「家庭的なところ」や「居心地のいい部屋」を見せて、「この子と結婚したい!」と思わせようという下心がありました。そのためには、私の部屋は「男子にモテるオシャレな部屋」にしなければいけなかったのです。

目次▼

❶私の部屋はダサい部屋

❷ダサい部屋から脱却するには、断捨離が大切

❸家具を選ぶコツは?

 

❶私の部屋はダサい部屋

さて、私のモテ部屋計画は着々と進行しました。ネットで気に入った家具を注文したところ、一人暮らしには大きすぎるテーブルが到着。私は二つのミスをしていました。

1.大雑把&数字が苦手な私は寸法を間違えた

2.テーブルの機能性ばかりを重視していて、他の家具との相性を考えていなかった

上下可動式のテーブルを買ってしまったんです。友達が遊びにきたらローテーブルで食べれるし、一人の時は椅子に座って仕事をしたいし。どちらのスタイルも捨て難かったので買ってしまいましたが、テーブルを下げて使う場面はありませんでした。家具も一通り揃って完成した私の部屋はダサい。高い費用と時間をかけたのになぜダサくなってしまったのか?それは「ローテーブルにしようか?普通のテーブルにしようか?」と悩んだときに「どちらも捨てがたい!」と欲張ってしまった「断捨離できない性格」が「ダサい部屋」を生み出していたのです。

 

次ページ ▶︎ | ダサい部屋から脱却するには、断捨離が大切 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ