賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

女性が単身で引越しをする際の注意点と役立つサービス

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
女性

女性が単身で引越しをする際に、引越し作業だけでなく、引越し業者の男性スタッフとのやり取りに不安を感じる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は女性が単身で引越しをする際の注意点と、女性が引越しをする際に役立つサービスを紹介します。

男性スタッフとのやり取りに不安を感じたら

女性であればいくら見積もりのためとはいえ、知らない男性スタッフを家に入れるのは気が引けるものですよね。そこで見積もりをお願いする際には、家族や友達などに一緒に立ち会ってもらうことをオススメします。また単身で引越しをする場合は、見積もりをメールや電話、FAXだけで行えることもあります。その場合は家具の数やサイズなどを事前に確認して、正確に伝えるようにしましょう。

見られたくない荷物がある場合は?

引越し当日に荷物を運んでもらう際に、下着や日用品など男性スタッフに見られたくないものがあるかと思います。その場合は段ボールに「開梱不要」と見やすいように記入しておけば、間違って開封されることはまずありません。

また引越し業者によってはタンスのまま運んでくれるところもあります。タンスごと運んでもらう場合には、引き出しが開かないようにテープを貼るのですが、その際にガムテープを使うとはがしたときに跡がついてしまうことがあります。タンスや家具にテープを張る場合はガムテープではなく、養生テープを使うとキレイにはがすことができるので便利です。

女性だけが行う荷造りのサービス

女性

できるだけ引越し作業は男性にしてもらいたくないという方にオススメなのが、女性スタッフだけで引越し作業を行ってくれるプランです。大手の引越し業者の中には、見積もりから引越し作業までをすべて女性だけで行ってくれるプランを用意しているところがあります。ただ、あまりにも重い荷物がある場合など、女性だけで対応できないケースもあるため、事前に引越し業者へ相談しておくと良いでしょう。また運搬だけを男性スタッフが行い、荷造り、梱包、荷解きを女性スタッフだけで行ってくれるプランを用意している引越し業者もあるので、自分の希望に合ったサービスを利用しましょう。

女性に安心のセキュリティーサービス

女性が1人暮らしをする場合にはセキュリティーも気になるところですよね。最近だと家の中に盗聴器が仕掛けられていたというニュースもよく報道されているため、不安になってしまう方も多いのではないでしょうか。引越し業者の中には新居に盗聴器などが仕掛けられていないか入居前に調べてくれるサービスを行っているところもあるので、不安な方はぜひ利用してみましょう。

また窓用の防犯フィルムなど、防犯グッズの取り付けを行ってくれる業者もあるので、事前にお願いできるか確認しておくと安心です。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!