賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

引越し前に覚えておきたい手続き【銀行編】

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
お金と通帳

今回は引越し時における銀行の手続き方法をご紹介します。基本的に銀行に届け出る内容は住所変更のみとなっているのですが、確実に手続きをしておかないと後々トラブルに繋がってしまう可能性があるので注意しましょう。

銀行の住所変更手続きの方法

銀行口座名義人の住所変更手続きは、通帳と届出印を持参して窓口に行けばすぐにすることができます。そのほかにも店舗の窓口かインターネットで申込書を貰って記入後ポストに投函する方法や、ネットバンキング上から変更をする方法もあります。ただし結婚して苗字が変わる場合など、口座名義人の変更が必要になってくる場合には窓口で手続きをする必要があります。

銀行口座の支店を移す場合

銀行口座の支店を移す場合は口座番号や通帳、カードがすべて代わり、給与の振込先やクレジットカード、携帯電話代などの自動引き落とし先もすべて変更する必要が出てくるため、かなり手間が掛かります。そのためよっぽどの理由がない限りは支店の変更はせず、住所変更のみで継続して使ったほうがいいでしょう。一旦解約して別の支店で口座を作り直すこともできますが、その場合も同じように振込先や引き落とし先の変更が必要となります。

引越し先に銀行の支店がない場合は?

ATM

地方銀行の口座を持っている場合には、引越し先に今使っている銀行の支店がないこともあるかと思います。もちろん地方銀行でも他行のATMやコンビニATMで預け入れや引き出しはできますが、手数料無料で使えることはほとんどないでしょう。こういった場合には引越しに際してお使いの口座を解約し、新住所の周辺で使いやすい銀行口座を新たに開設したほうがいいかもしれません。

全国展開をしている都市銀行やゆうちょ銀行、インターネット専業銀行であれば、引越しをしても変わりなく使えるので便利となっています。

手続きをしないとトラブルにつながる場合も

住所変更の手続きをしなかった場合には、さまざまなトラブルや不都合が発生してしまいます。たとえば新しいキャッシュカードが旧住所に送られて受け取ることができなかった場合は、不正利用防止のために口座に利用制限がかけられてしまうことがあります。本人確認書類と届出印を持参して窓口で手続きをすれば、再び口座は使えるようになりますが、利用再開できるまでには数日掛かってしまうことでしょう。もし引越しをしたあとで銀行の住所変更をしていないことに気付いた場合には、すぐに銀行に連絡をするようにしましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!