賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

引越し前に覚えておきたい手続き【インターネット編】

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
PC

引越しをする際にやっておくべき手続きの1つに、インターネット接続に関する手続きがあります。手続きをしておかないと引越し後にインターネットを使うことができず困ってしまうことになるので、今回紹介する内容を参考に、早めに手続きをしておきましょう。

同じプロバイダーを使う場合の手続き方法

現在使っているプロバイダーを新居でも使用する場合は、まずそのプロバイダーのサポートセンターに連絡をしましょう。インターネットから手続きをすることも可能ですが、電話のほうが細かいことが相談しやすくスムーズに手続きが進むのでオススメです。またプロバイダーによっては、地域によって回線が使えない場合もあります。連絡時には「引越し先で引き続き利用ができるのか」「使える場合はいつから利用可能なのか」といった点をしっかりと問い合わせておきましょう。

プロバイダーから貰ったインターネットサポート関連の書類は、新居でインターネットを接続する際にも必要となります。そのため引越し時に間違えて書類を捨てたり紛失してしまったりしないよう、注意しましょう。

プロバイダーを変更する場合の手続き方法

キーボード

引越し先で現在のプロバイダーを使用することができない場合や、引越しを機にプロバイダーの見直しをしたい場合は、別のプロバイダーに申し込みをする必要があります。プロバイダーを変更する場合は、今使っているプロバイダーの解約手続きをする前に、新しく使いたいプロバイダーが新住所で確実に使えるものなのかあらかじめ確認しておくようにしましょう。

マンションや団地に引越しをする場合は、始めから使用する回線が決まっていて希望のプロバイダーが使えないこともあります。いずれの場合も、新しく使うプロバイダーが決まってから現在のプロバイダーを解約するようにしたほうが良いでしょう。

解約や契約をするときの注意点

プロバイダーの変更をする際は、まず現在のプロバイダーを解約し、新住所で新しいプロバイダーの契約をするという2つの手続きが必要になってきます。もし現在使っているプロバイダーが「◯年契約」というように契約期間が決まっている場合は、途中解約をすると違約金などの費用が発生することになるので注意しましょう。

また新しく契約をするプロバイダーによって、月額料金や回線速度、無料期間やキャッシュバックといった特典が変わってきます。プロバイダー選びをする際にはそういった特典にも注目してみましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを情報発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!