賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

引っ越し荷物の置き場所に困った時は「トランクルーム」が便利!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
荷物が多い

引っ越しはたくさんの荷物を運ぶ作業です。自力で移動できる人間と異なり、荷物には置く場所が必要になります。旧居と新居のそれぞれでタイミングよく荷物を移動できれば良いのですが、不動産契約や引っ越しのタイミングによっては荷物を一時的に置く場所に困る場合も考えられます。そんな時に役立つトランクルームについて、使い方や料金の相場などをご紹介します。

短期間だからこそトランクルームがおトク!

引っ越しのタイミングによって置き場所に困った荷物を保管するのであれば、短期間の利用で事足りる場合がほとんどでしょう。

短期間のためにいちいち賃貸アパートなどを借りるのは不経済です。このような時にはトランクルームが断然おトクで便利です。

利用期間についても柔軟性が高く、必要な期間だけ利用できるのもメリットです。引っ越しのタイミングによって荷物の置き場所に困ったらトランクルームがあるという認識を持っておけば、荷物の置き場所が理由でやむをえず不利な不動産契約をするなどといったことを避けられるはずです。

トランクルームの料金相場

ダンボールを止める

トランクルームは荷物の置き場所であって居住物件ではないので、敷金や礼金といった類の費用はいりません。その代わりに事務手数料や会員登録料などが発生することがありますが、いずれも数千円レベルです。

利用料金についてはトランクルームの形態や所在地などによって相場が大きく異なります。より安いトランクルームを探すのであれば郊外でコンテナタイプがおすすめです。逆に、立地が良くマンションタイプになっているトランクルームはその分だけ料金が高くなります。

相場については一概には言えないものの、一畳の半分程度のスペースを借りたとして郊外だと月額2,000円台、都心部で5,000円程度です。いずれにしても数千円レベルなので、かなり安く荷物を保管できます。

トランクルームを利用するにあたって

とてもメリットの大きいトランクルームですが、利用にあたって留意しておきたいこともあります。

まず、預ける荷物に一定の制限があるのが大前提です。危険物や貴重品、腐る可能性があるものなどは持ち込めません。

また、トランクルームの営業時間によっては深夜に荷物の出し入れができないというケースもあるので、荷物を出し入れできる時間帯を確認しておくことをおすすめします。

最後に、荷物を出し入れするための駐車場や荷さばきスペースがあるかどうかが実際の引っ越し作業の時に大きなポイントになることも付け加えておきます。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!