ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

<オフィスの引越し>オフィスの退去予告と原状回復の手順(1/3ページ)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

こんにちは。ながれだあかねです。基本的に住まいの引越しであれば、素早い引越しができます。しかし従業員なども加わった大規模な「オフィスの引越し」の場合は、長期間による計画が必要です。今のオフィスの退去予告や原状回復など、住居を退去するルールとは異なるのです。今回は、今のオフィスを退去する手順をご紹介します。

 

目次▼

❶旧オフィスの退去予告はいつまでにやる?

❷旧オフィスの原状回復は誰がするの?

❸オフィスの原状回復の期間は?

 

 

 

 

❶旧オフィスの退去予告はいつまでにやる?

 

 

オフィスを退去するには、まずビルのオーナーや管理会社に「解約告知」が必要!

 

 

解約予告はいつまでに行う?

住居の場合、解約予告は1ヶ月前が一般的だ。しかしオフィスになると余裕をもった申告が必要になる。規模の大きなオフィスの場合は、一般的に6ヶ月前に解約予告をする。小さいオフィスの場合は3ヶ月前というところもある。

 

賃貸契約書に書かれている「解約予告のタイミング」を確認しておこう!

 

 

 

新オフィスの入居時期は?

旧オフィスが解約されるまでに新オフィスに入居できれば、余裕をもって引越しができる。会社によっても異なるが、荷物を搬入するだけではなく絨毯をはったりオフィスの内装工事などをする場合は、より時間が必要になる。

 

次ページ ▶︎ | 旧オフィスの原状回復は誰がするの? 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ