ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

神棚の引越しどうする?神棚の置き場所・引越しの手順(1/3ページ)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

こんにちは。ながれだあかねです。引越しの荷物の中でも神棚はちょっと特殊です。仏壇と比べれば、サイズは小さくて運びやすいですが、繊細な造りになっているため慎重に扱いましょう!

 

目次▼

❶神棚ってなに?神棚で使われる道具は?

❷神棚の引越し準備は?

❸引越し後はどこにお祀りする?

 

 

❶神棚ってなに?神棚で使われる道具は?

 

神棚ってなあに?

神道の神様を祀るための棚のこと。神社からいただいたお札を家の中で祀る場所が神棚。神棚には、お札を入れる場所が、一か所(一社)のものと、三か所(三社)のものがある。三社の神棚には伊勢神宮のお札を中心に、向かって右側に氏神の神社のお札、左側に崇敬する神社のお札の3枚を祀るのが一般的。(一社の場合は、伊勢神宮のお札から手前に3枚重ねて祀る。)

 

 

神棚で使われる道具は?

榊たて(2つ):榊という常緑樹を左右に飾る

水玉(1つ):水を入れる

瓶子(2つ):酒を入れる

白皿(2つ):お米と塩を入れる

 

 

次ページ ▶︎ | 神棚の引越し準備は?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ