ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

高級タワーマンションへの引越しするときに気をつけること(1/3ページ)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

こんにちは。ながれだ あかねです。マンションやアパートに引越しするとき、引越し業者との打ち合わせは、「引越し日」や「運ぶ荷物の量」などです。比較的、簡単な打ち合わせで引越しすることができますよね。しかし、一部の高級なタワーマンションに引越しするときは注意が必要です!タワーマンションによって引越しのルールが細かく決まっているため、スムーズな引越しには引越し業者との打ち合わせが肝心です。またタワーマンションの敷地はとても広いため、通常より引越しの手間がかかる可能性もありますよ!

 

目次▼

❶引越しには、申請書が必要!?

❷タワーマンションのルールを確認しておこう!

❸引越し業者は、タワマン搬入に慣れているところを選ぼう!

 

 

❶引越しには、申請書が必要!?

 

多くのタワーマンションは、引越し前に「申請書」を提出する!

引越しの日時と作業時間帯、引越し業者の担当者名や連絡先などの情報を記入した申請書を、引越し前にマンションの「防災センター」へ提出する!作業の終了時間もあらかじめ書くので、決められた作業時間の間に引越しを終わらせなければならない。

 

タワーマンションによってはこんなことも・・・

1日の引越し作業可能な時間帯が、(何時〜何時という風に)予め決められている場合もある。

同じ日時の引越し作業の重複を避けるため予約制の場合もある。

 

新築のタワーマンションの場合は、引越し日時は抽選で決まる!?

新築で建ったばかりのタワーマンションの場合、入居可能日に大勢の入居者が一斉に入居することになる。しかし入居可能日に入居者全員が一気に引越しすることは不可能だ。そのためマンション側が引越しする順番をあらかじめ決めておくのだ。引越しの希望日時を複数出したり、人気な日は抽選で決めることもあるそうだ。

 

 

次ページ ▶︎ | タワーマンションのルールを確認しておこう!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ