ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

植物の運搬を引き受けてくれる引越し業者は?植物の梱包のしかた(1/3ページ)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

こんにちは。うっかり水やりを忘れて植物をドライフラワーにしてしまうあかねです。お花や植物などがあると生活がとても華やかになりますよね。ただ植物が増えすぎると引越しのときに大変なことも!今回は引越しのときに行う梱包方法や植物の引越しができる引越し業者をご紹介します。

目次▼

❶植物を運べる引越し業者は?

❷植物の梱包方法は?

❸植物を処分する方法は?

 

❶植物を運べる引越し業者は?

引越し業者には、運ぶのを拒否できるものがある。たとえばペット、ピアノ、美術品、骨董品など、運送にあたって特殊な管理を必要とするものがそれにあたる。意外だけれど、植物も運ぶのを拒否できるものだ。それは長時間の引越しによって植物が枯れるリスクもあるし、高価な盆栽などは何かあっても補償ができないからだ。

もし引越し業者に植物の運搬をお願いする際は、下記のことを踏まえた上で依頼したい!

引越し業者に頼むリスク

・引越しの最中に水やりや温度管理をしてもらえないため、弱い植物は枯れる可能性がある。

植物が破損したり枯れた場合、引越し業者では補償が効かないことがある。

・他の荷物と一緒にトラックに載せるため、あまりに大きな植物は運ぶのが難しい。

・植物が入ったダンボールは重ねて運ぶことはできないので場所をとる。引越し料金がかさむ可能性もある

植物の運搬を引き受けてくれる引越し業者は?

 

一般的な観葉植物程度の大きさなら、家財に支障がない範囲で輸送することが可能。水や土がこぼれないように梱包して運ぶため、輸送中にしおれないような工夫が必要。梱包材は、アート引越しセンターのものを使う。

※トラックで運べないサイズの植木や、しおれやすいものは運べない。

(画像参照/アート引越しセンター

 

植物に関しては、枯れや損傷などが発生しても補償の対象とならない上で運ぶことは可能。大型の観葉植物は積み重ねて運ぶことができないので、かなりの積載スペースが必要。大きさや個数によっては輸送手段に影響して見積もり金額が増える可能性がある。

(画像参照/日通

 

 

遠方の引越しに強いムービングエス。引越しをするとTポイントがもらえる特典も。さらMOVINGS(ムービングエス)のブログによると、観葉植物の遠方配達が可能。

(画像参照/ムービングエス

 

植物は運べないことはないが、植物の枝が折れたり枯れたりしてしまっても、補償することはできない。

画像参照/サカイ引越しセンター

 

植物の運搬を引越し業者に依頼したら・・・

梱包について指示やアドバイスがないかあらかじめ聞いておこう!もし引越し業者が見つからない場合は、植木鉢をしっかり梱包して宅配で送るのもあり!

 

次ページ ▶︎ | 植物の梱包方法は? 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ