賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

リフォーム予算と費用の賢い決め方(2)

床下湿気対策のおおまかな費用を知ろう

森田祥範

2016/01/30

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

見えない床下を悪徳リフォーム業者が狙う

 一戸建て住宅の床下は、もともと湿気がこもりやすいところ。そのため、コンクリートの基礎部分に換気口がついているお宅も多いと思います。

 しかし、たとえ換気口がついていても、床下がいまどんな状態になっているか、私たち素人にはわかりません。そこに、悪徳リフォーム業者のつけいる隙もあるわけですね。

 数年前には、高齢者世帯を狙ったリフォーム詐欺が大きな話題になりました。彼らは「無料で床下点検させてください」などと言葉巧みに持ちかけ、ちょっと見ただけで「床下が腐食している」「シロアリが発生している」などと住んでいる人の不安をあおり、施工する必要のない高額なリフォーム契約を結ばせていたのです。

床下に湿気防止シートを設置して20万〜30万円

 とはいえ、床下の湿気対策がすべて不必要というわけではありません。以前沼沢地だったなど、お住まいの地域によっては、湿気対策したほうが住宅が長持ちする場合も当然出てきます。また、建設業者の施工ミスで、犬走り(家の周囲のコンクリの部分)が換気口の一部をふさいでいたり、雨の吹き込む場所に換気口が取りつけられている場合には、雨水が床下に入り込みやすいので、湿気対策が必要になってきます。

 そういった床下の湿気対策で実際によく使われるのが、床下の地面に湿気防止シートを敷き、上から乾いた砂を撒いて固定する方法です。近くに川や湖沼があるなど、もともと湿気の多い地域の場合、湿気防止シートを敷いた上からコンクリートを打つほうがより有効です。

 こうした作業は床をはずさないと行なえないため、1階床の張り替え工事と同じタイミングで行なうのがオススメです。

 おおまかな費用は、1階の床面積が50平方メートル程度の場合、湿気防止シート+砂で約20万円、湿気防止シート+コンクリート打設で約30万円(この場合は建物の立地や道路状況によってコンクリート打設手間の費用が大きく変わるので注意が必要です)。

 この金額と大きくかけ離れている場合は、ほかの業者からも見積りを取ったほうが安全です。なかには湿気防止シートを使わず、床下調湿材を地面に置くだけですませる業者もいますが、調湿材だけでは効果が薄く、逆にカビを発生させるおそれもあるため、注意が必要です。

床下換気扇の設置は3機1組で15万〜20万円

 住宅密集地などで風通しが悪く、湿気防止シートでも湿気を取りきれない場合には、床下換気扇を設置するのも有効です。

 床下換気扇にはさまざまなタイプがあります。標準的なものは、1日6時間程度稼働するよう設定された自動タイマーとリモコンがセットになったもの。換気扇そのものは3機で1セットです。費用は換気扇3機、タイマー、リモコン一式と工事費込みでおよそ15万〜20万円です。

 以前横行した床下リフォーム詐欺では、通常3機で1セットの換気扇を1機ずつバラにして1機10万円以上で販売していました。なかには、住宅1戸の床下に10機以上無駄に設置されたケースもあったようです。

 床下換気扇は設置箇所も重要です。一般的には、南側から乾いた暖かい空気を取り込み、湿気とともに北側から空気を逃がすことになります。換気扇は排気する側に取り付けるので、北側や西側の換気口付近に設置するのが一般的。床下が狭くて取り付けにくい場合は、換気口の外側に取りつけるタイプもあります。

 このように、床下の湿気対策費用にも、適正な価格があります。業者の出した見積もりに疑問を感じたら、納得いくまで質問し、場合によっては他業者と相見積もりを取るようにしましょう。

 まずは、地元で長く営業されている設計事務所や工務店に相談してみるのも手です。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

モリタマネジメント株式会社 代表取締役

宅地建物取引士、不動産コンサルティングマスター、相続対策専門士、ファイナンシャルプランナー、増改築相談員、二級建築施工管理技士。 LATUバリ建築スクール(インドネシア、バリ)ディプロマ取得。 1952年生まれ 兵庫県出身。早稲田大学卒業後、積水ハウス株式会社に入社、特建事業部(ゼネコン部隊)に配属。主に土地所有者の土地有効利用を中心とした営業に18年間従事する。また自社集客手法の独自企画や金融機関等のセミナー講師も務めて実績をあげる。 在籍期間の完工実績棟数は387棟。全国特建事業部表彰(特建営業300人中1位)、社長表彰(全社営業3800人中2位)、全社チーム別獲得粗利益表彰(全社全900チーム中1位)などの記録多数。退職するまでプレーイングマネージャーにこだわり続けた。 94年に建築リフォーム会社を設立し、現在まで22年間でテナントビル・マンション、店舗、住宅などのリフォーム工事を中心に約4000件余を完工。不動産の事業化プランニング、賃貸収益物件 (テナントビル、マンション)や店舗の収益最大化手法には定評があり、不動産オーナーの熱烈なファンが多い。 2009年、中小企業コンサルを目指して「ナニワの再建屋」桂幹人の門をたたき薫陶を受ける。桂幹人の実践的コンサルティングと自らの経験とを融合させた「モリタメソッド」を完成した。11年、多くの事業家を実践指導し、新たな事業を創る実践コンサルティングを開始、賃貸ビル・マンションオーナーの満室セミナー、工務店の脱下請け事業構築セミナー、中小企業経営者の新規事業構築勉強会(実践的指導)主催。また経営者、営業幹部の個別コンサルティングも行なっている。 指導先業種は、建設業、工務店、リフォーム会社、鉄工所、内装業、建設資材問屋、自動車輸出入業、子ども服セレクトショップメーカー、自費診療専門整体院チェーン、ブライダルを手がける呉服店、ヒーリングサロン、多店舗展開の美容室、大阪黒門市場マグロ専門店、デザイン事務所の新規事業支援等多岐にわたる。

ページのトップへ

ウチコミ!