賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

実は奥が深い「壁の塗装」――塗料の種類や道具を選ぶときのポイント

内村恵梨

2021/06/04

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

イメージ/©︎rclassenlayouts・123RF 文中写真/匠アカデミージャパン

塗装は、クロス貼りや床貼りなどに比べると、一見簡単そうに思えるかもしれません。確かにDIYでチャレンジしやすいですが、実はとっても奥が深いのです。そこで今回は、塗料や道具の選び方のポイントをまとめます。

DIYならどこでも塗装できる?

まずはどんなところが塗装できるか、家の中を確認してみましょう。

屋内だと、
・壁(砂壁や繊維壁、クロスの貼られた壁など)
・柱や鴨居、窓枠などの木部

屋外だと、
・ベランダの手すりなど鉄部(磁石がくっつくもの)
あたりが、DIYで気軽にチャレンジしやすい箇所です。

外壁や屋根は、足場を立てる必要があったり、高所作業が発生したりして危ないので、プロに任せましょう。また、ジプトーン天井(天井によく使われる、穴がたくさんあいた化粧石膏ボード)や和室の天井などもDIY塗装可能ではありますが、天井はやや難易度が高く、ムラがでやすいので、初心者にはおすすめしません。


壁の塗装

水性・油性――塗料の種類とメリット・デメリット

塗料は、大きく分けて
●水性
●油性
の2種類があります。

希釈材に水を使用しているか、溶剤を使用しているかの違いですが、絵具やマジックの水性とは違い、塗って乾いた後は水で溶けだすことはありません。外壁や屋外のベンチなどの塗料も、今は水性が主流になっています。

水性塗料と油性塗料、それぞれのメリット・デメリットは以下のようになります。

●水性
メリット…においが少なく、扱いやすい。水で薄めたり、使い終わった道具も水で洗えるので、素人でも使用や保管がしやすい。環境や人の健康にも安全。

デメリット…気温・湿度に影響を受け、油性塗料より乾きが遅い。ハケ跡が出やすい。

●油性
メリット…乾きが早い。気温の低い環境でも使用可能。密着性・耐久性が高い。ハケ跡が残りにくい。

デメリット…においが強め。比較的高価。数時間や半日程度で固まってしまうため、開封後すぐに使い切る必要がある。乾きが早いので、手早く作業する必要がある。シンナーなどの溶剤を使っているため、引火しないよう注意が必要。


油性塗料

結局のところ油性と水性どっちがよいのか?

それでは、結局水性と油性どちらを選べばいいのでしょうか。

まずDIYであれば、水性を選んでおいて間違いはありません。実際にホームセンターなどで塗料を探しても、水性の方が種類も豊富で、色やツヤの種類も多く選びやすくなっています。あとは、塗る対象が鉄など金属なのか、木部なのか、屋外なのか、屋内なのかで塗料を選びましょう。これは塗料缶に塗れる箇所が記載されています。

また、木部を塗る場合は、塗料の種類を選ぶポイントがもう一つあります。
●木の表面に塗膜をつくりたいのか(木目を消す)
●木目を活かしたいのか
ということです。

前者の場合は、木にも塗れる、水性の多用途塗料を選べばOK。後者の場合は、「ステイン」という種類の塗料を選びます。表面に塗膜を作るのではなく、木に浸透し、着色させる塗料です。「木部保護塗料」や、「木目を活かすステイン仕上げ」といった表示がされているものがそれにあたります。

「オイルステイン」というのは、そのステイン系塗料の油性のもので、水性よりもにおいがきついですが、きれいに仕上がるという特徴があります。ちなみに、オイルステインの場合は、先ほど述べた油性塗料のデメリットにある、「開封後すぐに使い切る必要がある」ということはありません。塗料自体が固まってしまうということはないので、作業性は水性ステインとほとんど変わりません。


左/水性ステイン 右/油性オイルステイン 土台/水性ステインで塗装したボード

塗装道具の選び方のポイント

ここまでは塗料についてのお話でしたが、最後に道具の選び方をご紹介します。

<ハケ>
まとめて安く売っている「多用途用」の筋交いバケなどの、幅50㎜のものが一般的によく使われます。より細かい部分を塗るために、30㎜や15㎜のものも用意しておくと安心です。

<ローラー>
広範囲を塗る場合は、隅など細かい部分はハケで塗り、広い平面はローラーで仕上げると効率的です。ローラーは主に「レギュラー」と「スモール」に分かれますが、レギュラーは大きくてハンドルも重くなってしまうため、「スモール」(横幅6インチ)が基本的におすすめです。

鉄柵など細い部分を塗る場合は、さらに小さい4インチのものが使いやすいです。窓枠の木部など、より幅の狭い部分を塗るときは、さらに小さなミニサイズが便利です。

ローラーの種類に合わせて、ハンドル(ローラーの持ち手部分)が変わってくるので、間違えて買わないように気を付けましょう。

また、ローラーには毛の長さの種類もさまざまあります。大きく分けると「長毛」「中毛」「短毛」に分かれ、毛が長いほど、塗料をたっぷりと含み、一度塗料を付ければ広い範囲を塗ることができます。

長毛は外壁塗装に使われることが多く、中毛はスタンダードなのでさまざまな場所を塗るのに使いやすいです。短毛は、凹凸のない平滑な面などをきれいに仕上げるときに使われます。

<塗料を入れるもの>
ローラーを使用する場合は、ローラーの入るサイズの、「ローラーバケット」を使うのがおすすめです。ハケのみを使用する場合は、丸いカップ型の容器で取っ手がついたものが使いやすいです。


塗装用道具

いかがでしたか? このように、塗料や塗装用具は意外と種類が豊富で選ぶのが難しいのです。選ぶポイントさえおさえれば、お子さんと一緒に作業をするなど、誰でもチャレンジしやすいDIYですよ!

匠アカデミージャパン 内村恵梨氏のDIY連載記事一覧はコチラから

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

匠アカデミージャパン 事務局長 (運営:株式会社イマジンプラス)

匠アカデミージャパンは2016年に開校した内装リノベーションのスクール。 単にDIYのノウハウを教えるスクールではなく「人生100年時代の大人の学び直し」の場として、副業やセカンドキャリア、定年後の生き生きとしたライフスタイルに生かせる技術を身につけることを提唱している。 講習内容は、クロスや床材の張り替えや、賃貸住宅大家さん向けワンルームの原状回復コースなど、まったくの経験のない方に対してDIYを超えた職人の技を伝授。照明プランニングや内装コーディネートのセミナーなども開催中。 http://www.takumi-ac.jp/

ページのトップへ

ウチコミ!