ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

「心地よい暮らし」がトレンド 「RoomClip Award 2021」発表

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ルームクリップ(東京都渋谷区)は6日、「RoomClip Award 2021」を発表した。ルームクリップが運営する「RoomClip」は、インテリアなどの実例写真が投稿される日本最大のインテリア写真共有サービス。本アワードはRoomClipに投稿された写真データを分析し、住まいや暮らしのトレンドを選出したものとなる。

RoomClip Award 2021のキーワードランキングは以下の通り。

1位:心地よい暮らし
2位:花・植物のある暮らし
3位:暮らしの快適家電
4位:韓国インテリア風プチプラ雑貨
5位:季節を楽しむ
6位:技あり100均
7位:”自分映え”な一人暮らし
8位:お部屋を彩る香りアイテム
9位:壁付けディスプレイ
10位:庭・ベランダのリビング化

ルームクリップはランキングに関して、「2021年は、 昨年からのコロナの影響によるステイホーム長期化の流れを受け、より快適さにこだわった家電を購入したり、 庭やベランダのアイテムをグレードアップしてより過ごしやすく『リビング化』したりするなど、 住まいにこだわるユーザーを中心に『家の中でのニューノーマルの定着と発展』が大きく進んだ一年」とし、「『映えや見た目重視からの脱却』がより明確となった年にもなりました。 2010年代にSNSが浸透し生活に密着する中で、 住まいにおいてもSNSに投稿するために見た目を重視する傾向が続いていましたが、ルームクリップでは、その傾向が落ち着き『香り』や『温度』といった視覚以外の感覚に言及する投稿が大きく伸びました。 特に『心地よい暮らし』のタグがついた投稿の水準は前年から2.4倍に増加し、象徴的なキーワードとなりました」とコメントしている。

RoomClip Award 2021の詳細は特設ページで閲覧することができる。 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ