賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

お彼岸の正しいお墓参り――遺伝子で分けられるお墓と人の関係(1/4ページ)

正木 晃

2020/09/14

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

©︎Milosh Kojadinovich.・123RF

日本人はどこから来たのか?

日本列島に居住する人々、つまり日本人の起源が縄文系と弥生系から構成されていることは、ご存じのとおりだ。そして、この二系統の遺伝子にかなり大きな違いがあることも、よく知られている。

人間の性別は、全部で23組46本ある染色体のうち、最後の1組にある性染色体と呼ばれる特殊な染色体によって、決定されている。男性はXとY、女性はYとYという組み合わせである。

最近の研究成果によると、「日本人の起源」をさぐるためには、男性しかもっていないY染色体を研究することが重要らしい。

人類はアフリカで誕生したのち、世界各地に広がっていった。その過程でY染色体も変化していき、現時点では発生した順番に、アルファベットのA~Tまでのタイプに分類されている。

A型とB型は発生以来ずっと、アフリカに居続けている。サン族とかピグミー族がこれにあたる。

そして、今から10万~6万年くらい前の段階で、「出アフリカ」といって、後発の型をもつ人類がアフリカ大陸を出て行った。その中にいたD型の遺伝子をもつ人々が、3万年くらい前に日本列島にたどり着いた。この人々が縄文人である。D型の遺伝子は今でもアイヌや琉球人によく見られる。

また、4万7000年くらい前に、後発のF型の遺伝子をもつ人々が、南アジアや西アジア方面に向かった。その中からK型の遺伝子をもつ人々が現れ、さらにK型の遺伝子をもつ人々からインド・ヨーロッパ系語族を形成するR型と中国の漢民族を形成するO型の遺伝子をもつ人々が現れた。このO型の遺伝子をもつ人々が、3000年くらい前に日本列島にたどり着き、弥生人となった。

K型に由来する遺伝子をもつ人々は、攻撃性が強い。だから、戦争が得意である。当然のごとく、他の先行する遺伝子をもつ人々を次から次へと駆逐し、全世界に広がった。

こういうと、K型に由来する遺伝子をもつ人々は、とても悪い奴ということになるが、幸か不幸か、世界の四大文明は、すべてK型に由来する遺伝子をもつ人々によって興されたことが判明している。要するに、K型に由来する遺伝子は、偉大な「文明」を生み出す遺伝子でもある。

3000年くらい前に日本列島にたどり着いたO型の遺伝子をもつ人々、すなわち弥生人も、すでに述べたとおり、K型の系統に属している。

次ページ ▶︎ | 縄文人のお墓と弥生人のお墓

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

宗教学者

1953年、神奈川県生まれ。筑波大学大学院博士課程修了。専門は宗教学(日本・チベット密教)。特に修行における心身変容や図像表現を研究。主著に『お坊さんのための「仏教入門」』『あなたの知らない「仏教」入門』『現代日本語訳 法華経』『現代日本語訳 日蓮の立正安国論』『再興! 日本仏教』『カラーリング・マンダラ』『現代日本語訳空海の秘蔵宝鑰』(いずれも春秋社)、『密教』(講談社)、『マンダラとは何か』(NHK出版)など多数。

ページのトップへ

ウチコミ!