賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

意外と知らない亀のこと!亀の飼育と引越しの仕方

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

こんにちは。ながれだあかねです。夫の実家ではカメを飼っています。22歳のメス「カメ吉」です。メスですが「カメ吉くん」と呼ばれています。(オスだと思って飼育をはじめたけど、病院につれていったらメスと言われたそう。)カメはいつもマイペース。じっとしたりゆっくりと動いたり、見ているとなんだかこちらまでのんびりしちゃう・・・。そして健康に育てることができればカメは長生きなので、30年くらい生きるそう!パートナーとして長いあいだ私たちと共にいてくれる存在なのです!

 

目次▼

❶意外と知らないカメのこと

❷カメの餌やり、飼育方法は?

❸カメの引越し方法は?

 

 

 

❶意外と知らないカメのこと

 

カメのオスとメスはどうやってわかるの?

性別を見分けるのは、カメの尾っぽがポイント!オスの尾っぽは、太くて長いんだ。そして総排泄孔が、こうらのふちより外側にある。メスは尾っぽが短くて、総排泄孔がこうらのふちより内側にある。

 

 

カメを飼育したら、いっぱいナデナデしたいな〜!

カメは、とてもデリケートな生き物なんだ・・・。しつこく触りすぎると、ストレスが溜まって食欲不振になるので、お手柔らかに。

 

 

紫外線をあびることは大切!だけど熱中症には注意して!

カメは紫外線をあびてビタミンを生成して骨や甲羅を丈夫にする。室内で飼育する場合は、紫外線ライトを設置しよう!外で飼育している場合に気をつけたいのが熱中症!カメは体温を一定に保つことができない変温動物。人間のように汗をかいて温度調整することができないので熱中症になりやすい!夏場は、日陰で涼しく風通しのよい場所に水槽を置こう。温度計をつけて、30度以下に保つようにしよう。

 

 

❷カメの餌やり、飼育方法は?

 

 

カメの飼育環境

必ず水場と陸地を作ろう!水場がないと育てることはできない。水場は、カメの全身がつかれる水の深さにしよう。さらにカメには日光浴も必要なので、カメが登れる石を用意しよう。また餌の食べ残しや糞、尿が蓄積すると、水が腐って匂いが発生する。夏場はとくにまめな水変えをしよう。

水替えを楽にするには、フィルターが便利

水槽に設置するだけで、水中のアンモニアなどの有害物質をろ過して水をきれいに保ってくれる。フィルターがついている場合は、週に一度の水替えでOK。

 

残った餌が多いと水が汚れる原因になるので、食べ残しがないように餌を与えることも大切!

カメの餌は?

市販の栄養バランスを考えられて作ったカメの餌を与えよう。

他には・・・

動物性のもの:にぼし、ミミズ、冷凍アカムシなど。

植物性の餌:ゆでた小松菜、キャベツ、にんじん

 

カメを飼育するための初期費用の目安

カメ自体:500円〜(高級なもので、1万円以上するものまで)

カメの水槽:1000円〜2000円

紫外線ライト:2000円

バスキングライト:2000円

エアレーションポンプ:1000円

水中ヒーター:2000円〜3000円

陸:500円

餌:1000円

すべて合わせても、1万円程度から飼育準備が可能。

 

 

❸カメの引越し方法は?

カメを引越しさせるには、自動車などで自分で連れて行く方法か、宅配業者などペットの輸送サービスを利用する方法がある。

車に乗って自分で運ぶときに気をつけること!

助手席や後頭部席の足元に水槽を置く、あるいは膝の上でかかえるように持って、振動を少なくすることが大切!車内の温度に注意して、水槽に直射日光があたるのは避けよう。冬はアルミシートをくるむなど工夫をしよう。また車酔いをする可能性があるので前日や運転直前に餌を与えないようにしよう。箱を厳重に梱包してカメが酸欠になったりしないようにしよう。必ず空気穴を忘れずに作ること

長距離の引越しの場合は、専門のペット輸送会社に依頼しよう!

画像参照:ワンニャンキャブ

 

※犬猫意外のペットも地域によって輸送可能。相談が必要

画像参照:ヤマトホームコンビニエンス

 

カメは基本的に室内で飼育できる生き物です。しかし「ペットの飼育不可」とかいてある物件では、カメを飼うのも禁止していることもあります。トラブルを避けるため、まずは大家さんに相談することが大切です。部屋探しの時点でカメの飼育が可能か確認してみましょう!

ペット可の物件に、「カメを飼育できるか」一件ずつ問い合わせをするのって大変・・・。

そんな人におすすめなのが「ウチコミ!のお部屋リクエスト」。「カメを飼育できる物件や、物件のエリア」などの物件の希望条件を、「ウチコミ!のお部屋リクエスト」に記入します。すると条件にあったお部屋の大家さんから、直接提案してもらえるのです→ウチコミ!の「お部屋リクエスト」で提案してみる方はコチラ!

 

 

(絵・文/ながれだあかね)

 

ウチコミ!は、全物件仲介手数料無料のお部屋探しサイトです。しかも大家さんに直接相談ができます。「ウチコミ!」のお部屋探しはコチラから!

 

 

 

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを情報発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!