賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

~住環境のアレルゲン・化学物質低減で、より一層の健康を目指しませんか?~

環境アレルギー対策で、さらに健康増進! 第2回「シックハウス症候群」(1/2ページ)

加藤 美奈子

2020/03/19

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

シックハウス症候群って何?

シックハウス症候群とは何かご存知ですか?

シックハウス症候群、この名称は医学的用語ではなく、日本人が考えた造語です。もともとは、1980年代のアメリカでシックビル症候群(SBS)が取り上げられたのが始まりです。

これは室内で起こる身体の不快な症状で、内装材などから揮発される化学物質及び室内の換気不足が原因となります。揮発された化学物質が呼吸で体内に入ったり、皮膚への接触で起こることもあります。これら化学物質を短期間で大量に摂取したり、長期間にわたり低濃度に浴びた場合、症状が出ることがあります。

症状としては鼻水や頭痛、咳、湿疹、動悸、めまい、下痢、嘔吐、眠気など人それぞれ違うのが特徴です。

2003年に改正建築基準法が施行され、シックハウス対策としてクロルピリホスの使用禁止、ホルムアルデヒドを含んだ内装材の使用制限、換気設備の義務付けが行われました。

それ以後、内装材にF☆☆☆☆(フォースター)と呼ばれる建材が使われるようになり建築業界も住む側も、この問題が一見解決したかのように思われるようになりました。

しかし、今なおシックハウス問題は続いていますので解説します。ポイントは、住む人の理解不足と体質や日用品・建材の変化です。

内装材などから揮発される化学物質が原因で起こるシックハウス症候群
 

住む人の理解不足

24時間換気を稼働させているでしょうか?

建築基準法で機械換気の設置が義務付けられましたが、その意味合いが分からないまま稼働させていないケースもあります。また建築基準法以前の建物には自主的に換気を行わなければ空気の入れ替わりはありません。今後は換気がいかに大切かということを改めて知る必要があります。

次ページ ▶︎ | 体質の変化 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

春日井環境アレルギー対策センター 代表

子どもがアレルギー起因の喘息で入退院を繰り返した経験から、2011年にアレルギーをもつ子どもの育児をサポートする任意団体を設立。2018年、春日井環境アレルギー対策センターを設立し、健康住宅建築や既存建築物の空気質測定、室内空気環境品質検査認証などを中心に事業展開。アレルギー患者を一人でも減らすべく日々活動している。資格:看護師、環境アレルギーアドバイザー、シックハウス診断士

ページのトップへ

ウチコミ!