ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン
まちと住まいの空間

第6回 「伊豆・真鶴」のラビリンス空間② ――時代の違いがわかるまちと地形の関係性(1/2ページ)

岡本哲志岡本哲志

2018/11/27

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

成熟した港町の風景に出合う


真鶴町歩きルート2

前回の連載で階段の上から見た、原風景をつくりだす路地から、弓なりの道を南に歩くことにする。真鶴は、いろいろな方、あるいは学生たちと何回も歩いた。


愛宕神社からの眺め

ただ、何度歩いても、興味の尽きない町のひとつが真鶴だ。歩きはじめた中心をなす道の先には、何段もある急な階段が見える。それを上がりきると、斜面地上に愛宕神社が建立されており、境内からは旧市街の様子が手に取るように眺められる。体力的にはきつい階段だが、すり鉢状の真鶴の地形的特徴を実感できる。


急勾配の参道から貴船神社を見上げる

愛宕神社脇の “背戸道”をさらに南西に進むと貴船神社に至る。“背戸道”を歩く途中は、前回確認した古写真から、斜面下の土地がかつて海だったとわかる。森を背負う貴船神社の創建は西暦 889 年といわれている。祭では、御霊を載せた神輿が急勾配の参道の石段を下る。神輿より上から写真を撮ろうとすると、かつては問答無用で殴られたと聞く。それほど、祭が厳格に行われていた。

海側から斜面地に建ち並ぶ真鶴の市街を一望する


海中渡御する神輿(写真撮影:石渡雄士)

祭の時、貴船神社近くの突堤から海中渡御を盛大に行い、船に載せられた神輿が対岸に着く。


湾越しに、斜面地に密集する町並みを見る

神輿が海中渡御に出発するその突堤に立つと、海側から斜面地に建ち並ぶ真鶴の市街が一望できる。街中を何度か歩いているうちに、地形の違いで、真鶴が異なる2つの歴史的なエリアで構成されていることに気づく。津島神社を境に、その以東と以西のエリアである。津島神社以西のエリアは、やや窪んだ地形に家が建ち並ぶ。海側からでは手前の建物と重なり町並みの全体像をほとんど確認できない。これが前回訪れた凹地に成立した居住空間である。

右側に視線を移動させていくと、津島神社以東のエリアではひな壇状の土地に家が並ぶ。海側からは、一つひとつの建物と、寺院本堂の屋根がよく見える。現存する寺院、発心寺(1555年)、西念寺(1573年)、自泉院(1582年)はいずれも戦国時代後期に建立された。西日に照らされた斜面地に立地する市街の風景は、凹地に成立した居住空間と大いに異なるが、視覚的には真鶴らしい景観のように見える。

次ページ ▶︎ | 湊と集落を結ぶ道から戦国時代に成立した港町へ 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

岡本哲志都市建築研究所 主宰

岡本哲志都市建築研究所 主宰。都市形成史家。1952年東京都生まれ。博士(工学)。2011年都市住宅学会賞著作賞受賞。法政大学教授、九段観光ビジネス専門学校校長を経て現職。日本各地の土地と水辺空間の調査研究を長年行ってきた。なかでも銀座、丸の内、日本橋など東京の都市形成史の調査研究を行っている。また、NHK『ブラタモリ』に出演、案内人を8回務めた。近著に『銀座を歩く 四百年の歴史体験』(講談社文庫/2017年)、『川と掘割“20の跡”を辿る江戸東京歴史散歩』(PHP新書/2017年)、『江戸→TOKYOなりたちの教科書1、2、3、4』(淡交社/2017年・2018年・2019年)、『地形から読みとく都市デザイン』(学芸出版社/2019年)がある。

ページのトップへ