賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

DIYでかなえる思い通りの庭づくり

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
ガーデニング

緑は目や心を癒してくれますから、広いベランダや庭のある家に住んでいる人は思い通り、理想の庭を作ってみたいと考えるのではないでしょうか。しかし庭つくりというと業者に頼んで造ってもらうといったイメージがあり、費用の面から二の足を踏んでしまったり、諦めてしまった人も中にはいるでしょう。確かに少し前まで、庭造りというと、業者に頼んで作ってもらうことが多かったのですが、DIYが流行となり、DIYを行うための工具や材料などがホームセンターだけでなく100円ショップなどでも入手できるようになって、庭造りも気軽に挑戦できるようになってきています。庭造りに大事なのは、空間のイメージを持つことです。ガーデニングの雑誌などを資料を参考にして、まずは、自分の理想の庭を思い描いてみましょう。

レンガを使った庭造り

庭造りにはいろいろな形がありますが、もっともポピュラーで、自分の思い通りにカスタマイズしやすいものがレンガを使った庭造りでしょう。レンガというと材料費がかかると思われるかもしれませんが、レンガの価格は、だいたい100個で1万円程度です。一言にレンガといっても赤っぽい色のレンガや茶色がかったレンガなどの数種類の色があります。また形についても長方体のものもあれば立方体のものもあったり、動物の形などのものもあるため、花壇を作ったり、色の異なるレンガを組み合わせて敷き詰めたり、アイデア次第でいかようにも、自分の思い通りにカスタマイズすることができます。

バーベキューができる庭を理想とする人はレンガを使ってバーベキュー用の鉄板を配置する台などを作ってみてもよいでしょう。さらにレンガは砕いて砂利として使用することができ、敷き詰めれば温かい質感を演出することもできます。レンガは初心者にも扱いやすく、庭造りには基本ともいえるものですから、花ごとに花壇を作ってみたり、池の周りを囲ってみたり、いろいろと工夫をしてみましょう。

様々なアイテムを活用

ホームセンター

庭の緑が映えるようにするには、色の濃い木材の柵を植物の後ろに配置して組み合わせるなどの工夫が必要になります。ホームセンターなどで、柵を作るための木材や、ガーデンアーチなどを入手することができるため、そうしたアイテムも活用してみましょう。

希望するアイテムが見つからない場合は、自分で作ることも考えてみましょう。蔦など植物を絡ませるための柵や塀などは、木材を用意して、自分で作ることも可能です。むしろ柵や塀などは自分で作ることによって好きなサイズに調整することができるため、より理想の庭造りをすることができます。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!