ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

"物件⼒"と"オーナー⼒" どちらもそろうことが賃貸経営の安定につながる(1/3ページ)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

今回インタビューにご協力いただいた内本オーナー(取材・⽂/浦邊 真理⼦)

2013年12⽉より始まった、賃貸サイト『ウチコミ!』。当初から7年以上も利⽤している内本智⼦オーナー。誰よりも上⼿に、誰よりも成果を上げ、誰よりも結果を残していると⾔っても過⾔ではありません。“⼥流メガ⼤家”という異名を持ち、6棟119部屋を⾃主管理で満室経営している内本オーナーに、ウチコミ!を使い続けているからこそ分かる“成約”という結果につながる利⽤⽅法を伺いました。

新規⼊居者の成約の43%が『ウチコミ!』

——前回、お話を聞かせていただいたのは16年8⽉発⾏、弊紙ウチコミ!タイムズジ・オーナーVol.2でしたね。

その後17年に、全空物件を3棟購⼊して、今年2棟売却し、現在は6 棟119部屋になっています。おかげさまで⾃主管理も継続できていて、今は全室満室です。

——ウチコミ!を⻑くご利⽤いただいています。成約実績を教えてください。

直近1年半(20年3⽉〜21年8⽉)の実績で、退去が42室あったのですが、そのうちウチコミ!での成約が18室、約43%と半数近くの⼊居者がウチコミ!で決まっています。私にとってウチコミ!は、⼊居者募集の⼤事なパートナーです。


内本 智⼦(うちもと ともこ)
ソラエステート(株)・JIU(株)・トモエステート(株)代表取締役。『内本塾』主宰。J-REC公認不動産コンサルタント。⼤阪⼤学基礎⼯学部卒業後、⼤⼿通信会社に⼊社。都内に投資⽤区分マンションを購⼊したことをきっかけに不動産に興味を持ち独学開始。2011年の1年間で埼⽟に4棟51室を購⼊し、短期間で資産約4億円に拡⼤。2011年末に勤続20年の節⽬で会社を退職し起業する。東京オリンピック決定後、不動産が値上がりすると直感し、2014年2⽉末から1年間で4棟51室を売却し、さらに東京・千葉に全空物件2棟を含む5棟81室を新たに購⼊、2021年9⽉段階の資産は、6棟119室、資産15億円(残債5.5億円)、家賃年収1億円(満室時)となる。

——ありがとうございます。ほかでも⼊居者募集は⾏っていますか。

ウチコミ!と並⾏して、ジモティーと仲介会社に募集してもらっています。ジモティーは仲介⼿数料がかからないのでオーナーには嬉しいですね。仲介会社へ⽀払う広告料は、全物件家賃1カ⽉分です。ウチコミ!では、オーナーからエージェントさんに家賃1カ⽉の仲介⼿数料を払うので同じです。

前述の直近の実績では、仲介会社での成約が14室(約33%)、ジモティーや紹介などの直接客付けが10室(約24%)です。今⽉末(8⽉)で退去が4室ありましたが、1カ⽉以内に2室がウチコミ!、1室がジモティー、1 室が仲介会社で決まりました。よくジモティーだと⼊居希望者さんの属性が悪いと思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。ジモティーだとオーナーは⼿数料がかからないので助かります。

仲介会社での成約だと、⼊居者さんが仲介⼿数料を負担されますので、それなりに属性のいい⽅が多い印象はあります。しかし、私の物件以外にもたくさんの管理物件があり、特に閑散期は、⾃分の物件を優先的にお願いできるとも限りません。そういったときは、ウチコミ!やジモティーも活⽤しています。所有物件に空き室がでたときは、⾃分で写真やコメントも⽤意し、「ウチコミ!やジモティーで⼊居者さんをみつけなきゃ」と思って積極的に動いています。

——7年の間にウチコミ!も、全国展開、新しいコンテンツの増加、使⽤⽅法の改善なども⾏いました。内本オーナーが感じる変化はありますか。

間違いなく、問い合わせ数が増加しています。⼊居希望者の登録者数が増えているんだな、と感じています。特に繁忙期などは問い合わせが多くなっていますね。利⽤者もいろいろな⼈が増え、層が厚くなったと感じます。

今まで不動産会社に⾏って探していた⼈たちが、インターネットでオーナーさんとの直接やりとりを「試してみよう」と、ウチコミ!を使って部屋探しをしている感じです。インターネットでのお部屋探しが⼀般化したことと、ウチコミ!の認知度がアップしているのだと感じます。

次ページ ▶︎ | 『お部屋リクエスト』で信頼関係を構築

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ