ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

社会貢献につながる築古⼾建ての有効活⽤ 『マリアージュ賃貸。借りたら買える家』

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

取材・文/財部 寛子 イメージ/©︎photoartem・123RF

【PR】

「モノを所有しない」と考える⼈が増加しているとはいえ、⽇本ではまだまだ持ち家信仰は根強いといえるだろう。しかし、家賃を払っていく能⼒があるにもかかわらず、家を購⼊できない⼈たちも多いという。⼀⽅で、築古⼾建ての空室対策に悩む賃貸住宅オーナーも多い。そんななか、この双⽅の課題をマッチングさせたシステムが3年前に登場した。それが、『マリアージュ賃貸。借りたら買える家』(特許出願中。以下、『マリアージュ賃貸。』)だ。オーナーにとっては、「空室対策」「退去リスクの低減」「物件の差別化」というメリットを享受できる。同システムを開発・運営するファーム建設(神奈川県横浜市港北区)・代表取締役の藤井⼤輔さんに話を聞く。

10 年〜15 年で⼊居者に譲渡

——家賃を払い続けたら⾃分の家になるというコンセプトに魅⼒を感じる⼊居者は多いと思います。

長く賃貸物件に住んでいれば、かなりの額の家賃を払うことになります。そんななか、住宅ローンを組めなくて家を買えない人や、高齢者で賃貸物件を追い出されてしまう人が意外と多くいるということを知りました。こういった方々が自分の家を手に入れることはできないのかなと、以前から考えていたんです。


有限会社ファーム建設 代表取締役 藤井大輔さん

⼀⽅で、弊社では築古⼾建てをリフォームして収益物件にするという事業を⾏っていました。もし、この賃貸物件を最終的に買えるようにしたら、家を買えない⼈も家を⼿に⼊れることができるのではないかと考えたんです。そして「譲渡型賃貸住宅」というシステムが⽣まれました。



ファーム建設のリフォーム例。どんな築古物件でもきれいに仕上げる経験と知識がある
上/before 下/after

——譲渡型賃貸住宅『マリアージュ賃貸。』について教えてください。

簡単に説明すると、⼊居者様が家賃を10年〜15年払い続けると、オーナー様からその家を0円で譲ってもらえるというものです。とはいえ、あくまでも賃貸借契約で、『マリアージュ賃貸。』はオプションです。10 年〜15年住んだからといって、絶対にその家を譲ってもらわなくてはいけないというわけではありません。途中退去、あるいは途中で残りの物件価格分を⽀払って購⼊することも可能で、⼊居者様に対しての縛りはありません。

オーナー様にとっては、「買ってもらえる」という確約がないために少しデメリットに感じる部分もあるかもしれませんが、収益はきちんと上がるように設定しています。


『マリアージュ賃貸。』のHP

築古⼾建てでも⼊居希望者が続出

——どのような物件が多く、物件価格や家賃の⽀払い年数はどうやって決まるのでしょうか。

基本的には、築年数が古い⼾建てをリフォームしています。再建築不可物件や借地権付き建物などもあります。まずはオーナー様と相談して適正な販売価格を決め、物件を3つのカテゴリーに分けます。

①3%カテゴリー物件:法律に違反をしている建物(再建築不可、容積率オーバー、建蔽率オーバー、借地権付き建物、未登記物件)など

②5%カテゴリー物件:事故物件(⼼理的瑕疵物件)、築古物件(耐⽤年数が過ぎてしまった建物)、テラスハウス(連投式建物)など

③10%カテゴリー物件:上記の2つに当てはまらない不動産(瑕疵・耐⽤年数以内の建物や古家付きの⼟地)など

初年度はいずれのカテゴリーも10%、そして年を追うごとにそれぞれ3%、5%、10%ずつ上昇し、物件価格から割り引かれていきます。

例:購入額1800万円 家賃10万円 10%カテゴリー物件

13年目から家賃滞納がなければ入居者は0円で物件を購入できる

——⼊居例を教えてください。

昨年の7⽉頃、神奈川県横須賀市の築古⼾建てで⼊居が決まりました。駅からバス利⽤で、⾞も⼊っていけないような⾼台にある物件です。眺望はいいのですが、必ずしも条件がいいとは⾔えない物件でした。オーナー様は、室内をおしゃれにリフォームし、物件に⾒合った家賃を設定していたのですが、なかなか⼊居が決まらないと困っており、そこで、『マリアージュ賃貸。』を利⽤して募集したところ、すぐに⼊居が決まりました。

現在、⼊居希望者様は15組(2021年8⽉現在)もいらっしゃるのですが、物件数がまだまだ少なく、お待ちいただいている状態です。

やさしい気持ちで加盟してもらいたい

——利⽤したいと考えるオーナーはどうすればいいのでしょうか。

築古⼾建てや中古マンションになかなか⼊居が決まらない、あるいは空き家を所有して困っているなどの悩みがあれば、気軽にご相談いただければと思います。『マリアージュ賃貸。』を利⽤する場合には、フランチャイズオーナーとして加盟していただきます。費⽤は、加盟⾦70万円、⼊居が決まったときに1カ⽉分の家賃(物件承諾料)をいただきます。

——どんなオーナーにフランチャイズに参加してもらいたいですか。

私たちは、新しい住宅購⼊のカタチを定着させたいと考えています。ぜひ⼀緒に新しいイノベーションを起こしてくれる⽅、やさしい気持ちを持った⽅、社会貢献をしたいと考えているようなオーナー様をお待ちしています。また、フランチャイズに加盟する際、「ウチコミ!タイムズを⾒た」と⾔っていただければ、5名様限定で加盟⾦を20万円オフで提供させていただきます。

築古物件の空室対策に悩んでいるオーナー様にとって、⼈の役に⽴ちながら利益も上げていける『マリアージュ賃貸。』はメリットが⼤きいと思います。ぜひ、お問い合わせください。

(プロフィール)
有限会社ファーム建設 代表取締役 藤井 ⼤輔
イベント・IT関連の会社経営後、4年前に宅地建物取引⼠を取得し、⽗親が経営していた有限会社ファーム建設を引き継ぐ。同社は、建売住宅や注⽂住宅の建築・販売からスタートし、その後、リフォームや売買・仲介などに事業を拡⼤。譲渡型賃貸住宅は「中古物件購⼊価格決定システム」として、2020年11⽉20⽇に特許庁出願。『マリアージュ賃貸。借りたら買える家』は、2021年7⽉8⽇商標登録出願済。神奈川県経営⾰新計画事業としても承認を得ている(2018年10⽉9⽇承認)。

神奈川県横浜市港北区篠原町1187-6
TEL:045-421-5134
https://karikaeru.net

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ