ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

「売る」ためだけでなく「貸す」ことにも——「選ばれる」ためのホームステージング(1/3ページ)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

取材・文/浦邊 真理子

不動産業界において、「ホームステージング」という言葉を目にするようになり久しい。日本の唯一の専門機関である、一般社団法人日本ホームステージング協会(以下、ホームステージング協会)が設立されたのは2013年8月。それまで日本では、ホームステージングという概念もなかったと考えてもよいだろう。今回「2019ホームステージング協会コンテスト」のリフォーム部門でグランプリの受賞経験がある、リレストの千葉裕美さんに、ホームステージングの仕事内容や事例を伺い、実際にどのような効果があるのか迫った。

ホームステージングとは

ホームステージングの認知度は増えてきたが、まだこの言葉を知らない読者もいるだろう。ホームステージング協会によると、ホームステージングとは、1972年アメリカの不動産仲介業である、バーブ・シュワルツ氏が、売却物件に家具小物を設置し、早期売却に成功した経験をもとに、ホームステージングとして体系化したことが始まりとなっている。

日本でも近年、中古物件の流通促進に伴って、専門業社の増加や大手不動産会社が参入している。空室物件に家具や小物類を入れて、在宅物件内では片付けなどをしながら居住空間を演出する。しつらえた家具や片付けによって、内覧時に部屋に住むイメージを湧かすことができる。物件をより魅力的に見せることで、空室期間を短く、より高く売却することを目的とした手法として、日本でも普及してきた。

日本では、ホームステージング協会がホームステージングを行うホームステージャーの資格認定を行っている。また、ビフォーアフターのステージング効果を実例で比べるホームステージングコンテストを16年より現在までに5回開催している。


リレストが「2019ホームステージング協会コンテスト」リフォーム部門でグランプリを獲得した物件 BEFORE(左)AFTER(右) 画像提供/リレスト

インターネットで家を選ぶ時代 売買物件だけでなく、需要が伸びるホームステージング

ホームステージングの普及は、中古不動産流通が多いアメリカで売買物件を主力としてきたが、日本では売買物件だけでなく、賃貸物件でも広がりつつあるようだ。

賃貸物件は、今やインターネットで探す時代。殺風景な“がらん”とした部屋よりも、写真映えし、ユーザーの目に留まる物件にすることで視覚的インパクトを与える。今や、賃貸業界で勝ち抜く大切な集客法の一つと言える。

もちろん、画像だけの利点ではない。実際に内見に来て案内されたときの印象は格段によくなる。ステージングされた部屋から、自身の生活イメージを思い描くことで成約に至るケースも少なくないだろう。

コロナ禍により下火になってしまった、民泊やシェアハウス運営もステージングの力を必要とした。外国人の多くが顧客となる民泊では、「外国人が求める日本らしさ」を内装のデザインに落とし込み、おしゃれな若者を意識したシェアハウスでは、「今風」のインテリア空間に。そういった需要があったのだ。

今回お話を伺った千葉さんが代表を務めるリレストでは、インテリアコーディネートやインテリアデザインとホームステージングを組み合わせることによって、ホームステージングの「そのまま」の状態を、家具小物でいかによく魅せるかというスタイリング的効果だけに留まらず、住まいそのものの価値の向上を叶える。

次ページ ▶︎ | ステージングという言葉も知らなかった 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ