ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

空き家を現状ママの居抜きとして貸し出す

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

現在進められている「DIY」について説明していきます。空き家が賃貸住宅等に流用されない大きな理由は、空き家になっている建物を賃貸住宅等に使おうとした場合経年劣化・老朽化などの問題があります。

 

具体的に言いますと・・・

  • 建物自体が老朽化が激しく、多大な改修費用が予測される。
  • 建物自体の耐久性などが問題ないとしても、間取りなどが古く和室ばかりでやはり高い改修費用が予測される。
  • 建物に問題が無くても、キッチン・洗面・風呂・トイレ等の設備の老朽化がやはり高い改修費がかかりそう。

 

以上のように、賃貸住宅として活用するのに「高額な改修費」というハードルが高すぎる訳です。この問題を「DIY」という切り口でテコ入れを図ろうと言う考え方ですね。

 

【DIYの基本的な内容】(DIYを含めた賃貸借のガイドラインより)

 

建物の所有者の「大家さん」は、基本的に建物の改修費などを負担しない形です。要するに、現状のまま「賃貸住宅」として借主さんを募集します。その際に借主さんは「現状のままで借りる事」と「借主さん自身がDIYをして住む事」が条件になっています。

 

もちろん「DIY」が強要される訳ではありませんので、何もしないで住んでもいいわけです。借主さんが「DIY」を負担して住んでくれる形ですと、長期間その住宅に住んでくれることが見込めます。

 

借主さん側にもメリットが用意されています。

  • 賃貸住宅の家賃が通常の市場価格よりも安く設定される事。
  • この住宅を退去する時の原状回復については、DIY実施個所は免除になる事。

以上のメリットがあります。

 

その他、入居中の修繕などについても「借主さんが負担するか若しくは、そのまま放置」というようにある意味徹底しています。自分で自由に作り替えたり、改良して住みたい方には良いシステムかも知れません。

 

 

不動産経営に関してはもはや不動産会社さんにおまかせということでは成り立たなくなりつつあります。

大家さんも自分で動いて集客をしてくることが大事です。しかし、これまでのシステムでは自分でできることは限られていました。そんな中出来上がったのが大家さんが自分で物件を紹介できるサイト、ウチコミ!です。

所有されている物件の募集をかけることが可能です。大家さんであれば是非一度見てください。

bnr_owner5

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ