ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

空き家問題で必ず目にする固定資産税優遇とは

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

DIYをご存知ですか?=「Do It Yourself」=自分で作る・・・とうい事です。

 

賃貸住宅などで、大家さんが改修しておくのではなく、借主さんが自分の費用で自分好みに作り替える方法です。空き家を放置するばかりではなく、大家さんの負担も軽く賃貸住宅に振り向ける事で「空き家の解消」を模索する提案として出てきた政策の一つです。

 

最近よくテレビ番組などでも取り上げられている「空き家問題」に起因しています。前のブログでも紹介した事がありますが「空き家問題」が深刻になって来ています。

 

親の住んでいた住宅だったり、昔からのアパートだったりと建物にはいろいろ違いがありますが、使わなくなってしまった住宅が「色んな事情で」放置せざるを得ない状況が起きて「空き家」になっています。まずは、空き家問題の説明からしていきます。

 

■空き家を生んでしまう原因/税制の不備、国の政策の不一致

 

現在の税制から、居住用などの「固定資産税」の算定基準が「優遇されている」為、居住用の建物がそのまま残っている方が税金が約1/6となる。つまり、使われていない住宅であっても安易に「建物を解体」してしまうと税金が6倍になると言う事から所有者側の事情はあったとしても、そもそも「空き家」を簡単に解体する選択肢が選べない状況です。

 

その税制はそのままに「空き家対策」と称して「危険な空き家・老朽化の酷い空き家」を行政側が積極的に取締りを強化する方向になっています。各行政管轄内の「空き家」の所有者を調べ、建物の調査・建物の状態評価をして、所有者に「勧告・指導・命令」を行う事が出来る様に法改正されました。

 

チョット酷い話です。

 

建物を不用意に解体すると、高い税金がかかる税制なのに「古い建物や空き家」は強制撤去できるようにしている。空き家の処分などに窮している人をドンドン追い詰めているだけですね。困った政策です。

 

不動産経営に関してはもはや不動産会社さんにおまかせということでは成り立たなくなりつつあります。

大家さんも自分で動いて集客をしてくることが大事です。しかし、これまでのシステムでは自分でできることは限られていました。そんな中出来上がったのが大家さんが自分で物件を紹介できるサイト、ウチコミ!です。

所有されている物件の募集をかけることが可能です。大家さんであれば是非一度見てください。

bnr_owner5

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ