賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

入居希望者が注意する賃貸契約のポイント

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

■賃貸契約の注意事項(入居希望者編)

 

賃貸住宅を探して、気に入った物件を見つけると「いよいよ賃貸契約」になりますね。探すことに労力を使い、契約の段に安心してしまう方も多いかと思いますが「賃貸契約」には重要な事が沢山あります。

 

賃貸住宅のトラブルで多いのは「退去の際の精算等」についてです。この時の「精算内容」つまり、敷金の返還についての事や原状回復費用の借主さんの負担などは、賃貸契約の時に説明されます。また、解約時の申出の時期や更新料についても説明されます。

 

借主さんが「上の空」で聞いていたとしても、契約書に「署名捺印」をすれば、全て納得の上で「契約」したとみなされてしまいます。

 

勿論、契約書に書かれている内容が「法律等に反する内容」の場合は、その部分の効力は無効になりますが、個人間の賃貸住宅の契約の場合「法律上でも契約自由の原則」がありますので、法律に反しない事柄は「当事者間の合意」が全てなのです。

 

という事は「借主さんが聞いていようが聞いていまいが」一通りの説明を受けて「署名捺印」してしまえば「契約内容」に貸主さんも借主さんも合意した事にしかなりません。

 

賃貸契約と言えども、重要事項の説明や契約書の説明、火災保険等々の説明と・・・。慣れない難しい話が累々と続きますので、面倒に思う方も多いでしょう。

 

そこで、注意事項を絞って解説いたしますので、借主さんの必要な事を確認する事をお勧めします。
題名にも、借主さん編とありますが、大家さんが確認して頂いても役に立つと思います。

 

貸主も借主も気持ちよく良い関係を続けたいものです。

部屋を貸したい人、部屋を借りたい人が集まり、コミュニケーションをしているサイトがあります。ウチコミ!と言います。借主さんも貸主さんも一度覗いてみてはいかがでしょうか?

deaibnr

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

不動産オーナーが直接賃貸募集ができるウチコミ!タイムズ編集部です。 ウチコミ!には不動産投資家同士による個人間売買が可能なウチコミ!売買REVOもあります。

ページのトップへ

ウチコミ!