賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

賃貸募集成約事例ファイル――コロナ禍での賃貸募集 入居希望者の力になりたい

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

「賃貸募集成約事例ファイル」――それは賃貸物件を所有する大家さんが直接入居希望者を募ることができるウチコミ!を活用し、実際に成約した事例を紹介するコーナー。今回は新型コロナウイルス感染防止対策としてWEB会議ツールを使用し、関西を中心に賃貸経営を行うオーナーのOさんと入居者のTさんとの対談インタビューを実施した。

以前住んでいた家は、最後まで大家さんが誰か分からなかった(入居者Tさん)

——今回、引っ越しされたのはどのような理由で?

Tさん:住んでいた家がちょうど更新月になり、職場との距離を近くしたくて部屋を探していたんです。そんなとき、たまたまYouTubeを観ていたらウチコミ!のCMが流れて、「こんなサイトがあるんだ!」と思い調べてみたのがきっかけです。

——実際にウチコミ!でお部屋を探してみていかがでしたか?

Tさん:何より大家さんと直接会話できるのはありがたかったですね。以前の家は最後まで大家さんが誰か分かりませんでした。今回は部屋の特徴などを直接聞けて検討しやすかったです。


職場との距離を近くするために部屋探しを始めたTさん

——内見は大家さんも一緒にご案内してくださったんですよね。

Tさん:エージェントだけでなく大家さんも一緒に案内していただけるというのは安心感がありました。

※ウチコミ!で内見・契約業務などを安心・安全・円滑にサポートする不動産会社

アピールしたい物件のポイントを業者任せにせず、直接説明したかった(Oオーナー)

Oオーナー:この物件は管理会社にお任せしているんですが、この部屋でアピールしたいポイントがなかなか伝わらないのをもどかしく思っていたんですよ。今回ウチコミ!を使って自分で募集しているので、「私も行ってご説明したい!」と思い案内しました。

Tさん:大家さんが付けてくれた棚なども丁寧に説明していただいて。それを気に入ったのが決め手でした。


「入居希望者さんと会うことは、私にとって楽しいですし勉強になりますね」と話すOオーナー

Oオーナー:私自身リフォームが好きなので、業者任せにせず自分でやるようにしています。細かいところにも手を加えるので、入居後にトラブルが起こりそうなところもしっかり確認してからお貸しするようにしています。

——棚やコート掛けなど、大家さんが付けたとは思えない出来栄えですね!

Oオーナー:ずっと住宅の設計や工事の仕事をしていたのですが、その頃はほとんど自分の手で工事したことはありませんでした。大家を始めてからいろんな職人さんに教えていただいたんですよ。


Oオーナーが作成した棚(左)や洋服掛け(右)はTさんのお気に入り

Tさん:あの棚や洋服掛けもかなり気に入ってます!

Oオーナー:実際に使っていただいているところを見ると嬉しいですね。やはり自分の思い通りにやりたいなと思うところがあって。それを気に入っていただけたらいいんですけど、お客さんの好みも違うでしょうから……。Tさんに気に入っていただけて私としては本当に良かったです。

家具や設備などの説明書がまとめられているので助かる(入居者Tさん)

——普段からよく入居者さんと接しているんですか?

Oオーナー:自宅の近くにあるマンションでは入居時に直接私から部屋の説明をしており、「なぜこの物件に決めたんですか?」と聞いているんです。なるべく入居者さんに接触するようにして、そのとき聞いた生の声を次に生かすようにしています。また、退去時にもアンケートを取り「入居中具合が悪いところはありませんでしたか?」と聞いていろいろ勉強させてもらうようにしています。

——大家さんとの距離が近いと入居者さんとしても何かあったとき相談しやすいですね。

Oオーナー:そうですね。また、ある物件を購入したとき入居中の方とはまだ面識がなかったんですが、マンション内でトラブルがあった際、本来大家が関与しないような問題についても対応したことがあって。それ以来、その方はとてもフレンドリーに接してもらっていますし、10年以上住んでいただいているんですよ。

——大家さんが真摯に向き合ってくれると、関係性が深まるんですね。

Tさん:Oオーナーは家具や設備などについても丁寧に説明書をまとめて置いてくださっているので助かっています。

Oオーナー:住宅関係で仕事をしているうえで、お部屋の説明や設備の説明書なんかはごく当たり前のことなんです。以前息子の部屋を借りたときにそういった説明があるのかな?と思って注意深く見ていたんですが、全くそういったものはなくて(笑)。それではイカンと思い対応するようにしていますが、やっぱりトラブルがあったときのためにもそういった説明は必要じゃないかと思います。

 Tさんの人柄を見て、力になりたいと思った(Oオーナー)

——新型コロナウイルスの感染が拡大する中、引っ越しするのは大変でしたよね。

Tさん:そうですね。そのときは礼金分の支払いが少し厳しかったのですが、Oオーナーが礼金を分割して初期費用案を抑える提案してくれて助かりました。特別給付金もあって引っ越しができました。

Oオーナー:普段の募集でしたらそういった相談があっても、管理会社はおそらく「そういったことはできません」とお伝えすると思います。今回Tさんと直接お会いして部屋を気に入っていただいたので、初期費用の面で難しいかなという話があった際、なんとかお若い方の力になれないかなと思いまして。色々考えて管理会社とも相談し初期費用案をご提案しました。

Tさん:ありがとうございます!

——直接お会いしたからこそのご提案だったんですね。

Oオーナー:お人柄を見ると、この人だったら力になってあげたいと思いましたね。以前はお客さんから直接家の不具合を聞いて対応するような仕事をしていたので、お客さんからの言葉は神の言葉と思い聞いています。悩んでいる方がいたらなんとかしてあげたいですし、入居希望者さんと会うことは私にとって楽しく、勉強になりますね。

——また、今回はIT重説(テレビ会議などを活用して行う、賃貸借契約における重要事項説明)をしたんですよね。

Tさん:そうですね。勤務後に自宅で契約をしたのですが、やりやすかったですし、気楽でよかったです。

——Oオーナー、Tさん、本日はありがとうございました!

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸募集成約事例ファイル 担当編集

「賃貸募集成約事例ファイル」では、賃貸物件を所有する大家さんが直接入居希望者を募ることができるウチコミ!を活用し、実際に成約した事例や、ちょっとしたアイデアで空室が解消された事例などを紹介していきます。それぞれの工夫や取り組みが、賃貸経営に悩めるオーナーに対して少しでも参考になればと思います。

ページのトップへ

ウチコミ!