賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

競合が多い京都市内のワンルームマンションがウチコミ!で成約しました

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu
京都府京都市左京区吉田神楽岡町マンションオーナー藤村様

成約事例

マンションオーナー藤村様
競合が多い京都市内のワンルームマンションがウチコミ!で成約しました

藤村オーナーの所有物件は、京都市左京区にある築28年のワンルームマンション。今年の7月に退去した2階の部屋がウチコミ!で成約しました。

この物件の長所と短所はどこですか?
長所は環境がいいことです。近くには銀閣寺もあるし、JR東海の「そうだ京都行こう」の舞台になった紅葉と桜が有名な「真如堂(しんにょどう)」もあります。特にオススメなのは、茂庵(もあん)というところです。その道中の風情のある街並みが本当に素敵なんです。
物件の短所は、3点ユニットやキッチン部分がやや狭いところでしょうか。この物件の購入当初はライバル物件も少なかったから、京都大学の学生がほとんど入っていました。今は学生さんの数よりもワンルーム物件の方が溢れかえっています。入居者募集に悪戦苦闘してる時にウチコミ!が決めてくれて助かりました。
どのような工夫をして物件の差別化を図っているのですか?
部屋の内装は全部屋バラバラにしています。扉の色も全部屋変えているし、部屋に個性を持たせて「自分の家」と思えるようにしてるんです。酔っ払って帰って来てもこの色が私の部屋とわかりますし。あと入居後は、入居者さんと直接関わるようにして、常に話しかけやすい雰囲気を出すように心がけてます。うちの入居者さんは、家賃を振込じゃなくて持参してくれる方が多いです。その方が実際に会って話ができるから「そういえば網戸の調子が悪い」とか「エアコンの調子悪い」とか、部屋の異変を早めに教えてもらえるきっかけになっています。
賃貸経営をしていて失敗談はありますか?
以前家賃の値下げ交渉を応じて入居した方がいましたが、たった4ヶ月で退去してしまいました。その方は仮住まいとして住んでいたことに気付けませんでした。「敷金・礼金0なので、最低10ヶ月以上は住んでください」とあらかじめ注意していませんでした。結局、その入居者さんから頂いたのは家賃2ヶ月分だけです。その契約では不動産会社には広告料を1.5ヶ月支払った上に、退去後のハウスクリーニングも入れたので費用的には勿体ないことをしました。いい勉強になりましたが失敗したなと思いました。今は最低でも10ヶ月は入居してもらうように前もってお願いしています。
今回、ウチコミ!を使ってみて今までの募集との違いを感じましたか?
今までの募集のように不動産会社さんを間に挟むと、成約するまでの時間が長いです。あと京都にはワンルームマンションがいっぱいあるから広告料を2ヶ月分平気で言ってきます。今は広告料1ヶ月で我慢する不動産会社さんはほとんどいないと思います。でもウチコミ!で成約したら、大家は仲介手数料1ヶ月で済むから嬉しいです。しかも入居者さんは仲介手数料がかかりません。しかもうちの物件は礼金敷金も0だから、入居者さんが喜んでくれます。
入居者さんから「初期費用の内訳を教えて欲しい」と質問されたので「家賃の日割りと火災保険だけです」と答えました。チャットのやり取りだけで本人の中で住むことを決めていたようです。内見の時にメジャーで部屋の中を測っていました(笑)。入居者さんにとっても大家に直接質問できる方が楽ですよね。ウチコミ!みたいに大家と入居者さんが直接やりとりができることが一番いいと思います。3年くらい前に「大家と入居者さんが直接話せる場所があったら絶対成功するだろうな~」と想像していたら、まさにウチコミ!が出てきました。
ウチコミ!の物件登録ではスマートフォンで完結したそうですね
ウチコミ!は、スマホで登録してました。物件登録もチャットも全部スマホでした。スマホならリアルタイムでメッセージが来たこと確認できて便利です。誰にも操作方法を聞いてないけど、すぐわかりました。今65歳だけど、私の年代でも全然いけると思います!
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを情報発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!