シングルマザー必見!就職支援・転職サポート

女性

シングルマザーの年収は全世帯の平均年収よりも低い傾向にあります。 しかし、そんな中でもシングルマザーは1人で家事や仕事、子育てをしていかなければなりません。 そこで今回は、各自治体が行っているシングルマザー世帯の経済自立を支援するサービスを紹介します。

シングルマザーの現状

ひと昔前は離婚してシングルマザーになっても、家族や近所の支援があったり雇用も安定していたので、子どもと共に何とか生活することができました。 しかし現在は核家族化や雇用の非正規化が進んでいることで、生活が安定しないシングルマザーが増えています。 元夫も非正規雇用である場合、慰謝料や養育費を貰えないということもあるようです。 そこで今の仕事よりも安定、収入がアップして生活が安定するように、以下のような就職支援、転職をサポートする制度を利用する方が増えています。

マザーズハローワーク

子育てをしながら働きたいシングルマザーを応援するハローワークです。 全国に21カ所あり、一般のハローワークでも子ども連れでも相談できる「マザーズコーナー」が設置されているところが全国に163カ所あります。 マザーズハローワークではキャリアを活かせる職場を求めている場合など、専門スタッフによる紹介が行われています。 転職の相談以外にも、子育てとの両立なども相談してみましょう。

教育訓練給付金

女性

「教育訓練給付金」は雇用保険に入っていないシングルマザーの自立支援のために設けられたサービスで、支給される金額は入学料や受講料といった経費の20%となります。

給付を受けるためには「児童扶養手当の支給を受けているか同等の所得水準にあること」などの条件があります。 また、これまでの就業経験、技能、資格の取得状況から教育訓練が必要であるかが判断されます。 自治体によって制度が異なるので、受講する前に自治体に確認しましょう。

高等技能訓練促進費等の給付

シングルマザー世帯が経済的に自立するために必要な高等な技術(資格)を習得するための支援制度で、看護師、介護福祉士、保育士、作業療法士など、就業にむすびつきやすい資格が対象となります。 これらの専門的な資格を取得するために、2年以上養成機関で就業する場合に高等技能訓練促進費が給付されます。 カリキュラム終了後には、修了支援給付金が支給されます。

これらの給付を受けるためには「生活保護を受けていない」「就業または育児と就業の両立が困難」「2年以上のカリキュラムを就業し資格の取得が見込まれること」など、各自治体によって要件が異なります。 いずれのサポートを受ける場合も、まずは自治体に確認してみましょう。

ヨコヤマ
ウチコミ!でお得にお部屋探しをしよう
掲載物件は全て大家さん自身。不動産会社を挟まずに直接大家さんと話ができる新しいお部屋探し。ウチコミ!掲載物件は全て仲介手数料無料。ぜひ掘り出し物のお部屋を探してみてください!!
ウチコミ!でお部屋探しはこちら
ウチコミ!
大家さんが直接掲載するから、全物件仲介手数料無料