空いた子供部屋を活用すると幸せがやって来る?

部屋

一人暮らしを始めた子どもが使っていた子供部屋をどうしていますか? 子どもがいなくなったことで空いたそのスペースは、残った家族を幸せに導くヒントの宝庫でもあります。 今回は「空いた子供部屋の活用方法」について考えてみたいと思います。

子供部屋を夫婦の寝室にする

それまで子どもが使っていた部屋は、子どもが寝室として使っていたスペースでもあります。 子どもはその部屋で何年間にも渡ってリラックススペースとして活用してきたのですから、寝室としての機能性は高いはずです。

そこでその機能を活かして夫婦の寝室にしてみてはいかがでしょうか? 寝室を違う場所に設けることによって、気分がガラッと変わる効果が得られることでしょう。 また、それまで使っていた寝室を客間に使えば、生活空間と来客空間を分けやすくなります。

子供部屋を自分だけのスペースにする

子供部屋を用意するために、これまで「自分だけのスペース」を作ることを我慢してきたという方も多いのではないでしょうか。 「書斎を持って見たかった」「趣味を楽しむ部屋が欲しかった」という願望を叶えることによって、それが達成された後のセカンドライフはとても充実したものになるはずです。

お客さんをお迎えするサロンにする

自宅でエステやアロマテラピー、ネイルなどのサロンを開いている方がいますが、子供部屋が空いたのであれば、そのスペースを使って自宅サロンを開業させることも可能です。 子供部屋として使っていた部屋をそのままサロンにしてもいいですが、自室として使っていた部屋の家具を元・子供部屋に移して、空いた部屋を自宅サロンにするのも良いやり方といえるでしょう。

子供部屋を収納スペースに変える

ハンガー

子どもが巣立っていったことで荷物が一気に減るわけですから「もうこれ以上の収納スペースは要らないのでは?」と思う方も多いのではないでしょうか? しかし基本的に人間にはモノを貯め込む習性があるので、高齢になるほど色々なものを収納するスペースがなおさら必要になることもあります。 そのための収納スペースを空いた子供部屋で充当するというのも、子供部屋の有効な活用法といえます。

夫婦の寝室を別々にする

これまで同じ部屋で寝ていた夫婦のどちらかが、空いた子供部屋を寝室として使うという活用法もあります。 これは夫婦仲の良い悪いに関係なく、それぞれ自分の部屋というプライベートスペースを持って生活をするとストレスの軽減につながるため、そのほうが夫婦円満になりやすいのです。

ヨコヤマ
ウチコミ!でお得にお部屋探しをしよう
掲載物件は全て大家さん自身。不動産会社を挟まずに直接大家さんと話ができる新しいお部屋探し。ウチコミ!掲載物件は全て仲介手数料無料。ぜひ掘り出し物のお部屋を探してみてください!!
ウチコミ!でお部屋探しはこちら