自分に合うのはどれ? 一人暮らしを快適にする間取りとは

女性

憧れの一人暮らし、毎日疲れて帰った自分を迎えてくれる部屋は快適な空間であってほしいもの。部屋選びは絶対に失敗するわけにいかない選択です。 これからの生活を明るくするために、自分にあった間取りをしっかり選びましょう。

一人暮らしの間取りといえば一般的には1Rや1K、ちょっと広いお部屋をお望みなら1DKや1LDKが選択対象でしょうか。それぞれの間取りのメリット、デメリットなどを理解しておきましょう。

1R
キッチンとお部屋が一体となった間取りです。 仕切りがない分お部屋が広く、また家賃も安く設定されているといったメリットがある反面、水場との仕切りが無いため湿気やニオイがこもってしまうというデメリットもあります。 家賃の安さを重視する方にはオススメですが、料理をよくする方には料理後のニオイの心配があり、あまりオススメできない間取りかもしれません。 また、「玄関を開けたらお部屋が丸見え」という物件もあるので、注意が必要です。

1K
キッチンとお部屋が壁で仕切られている間取りです。一人暮らしの方に特に人気です。 お部屋が単独スペースとなっていますので、プライベートが守られ、また水場と仕切られているため湿気やニオイが気にならないといったメリットがあります。 その反面、1Rに比べて家賃は高く、単独のお部屋は狭くなる傾向にあるといったデメリットがあります。 クローゼットや下駄箱などの収納が十分にあればカバーできるデメリットなので、しっかり調べてから決めましょう。

1DK
1Kよりもキッチンが広めの4.5~8帖ほどある間取りです。 キッチンに食事スペースを作ることができるので、寝室と食事をする空間を分けることができます。キッチン重視の方にはオススメの間取りですが、1Rや1Kに比べると家賃が高くなるので、余裕のある方向けと言えるかもしれません。

1LDK
1DKよりもさらにキッチンが広く、8帖以上になる間取りです。 リビングダイニングキッチンは広々スペースで、家具やソファで通常の生活空間を彩ることができます。寝室を完全に区切ることができるので、余裕ある生活ができるでしょう。しかしやはり家賃はさらに高くなります。

お風呂とトイレにも注目

女性

お部屋を決める際には、間取りはもちろんですがお風呂とトイレが別々になっているかどうかにも注目しましょう。一人暮らし向けの物件では、部屋のスペースを広く取るためビジネスホテルのようにお風呂、トイレ、洗面台が一つの個室に収まっていることもしばしば。ゆったりとお風呂で疲れを取るためにもぜひトイレとは別になっている部屋をオススメします。

この他にも、日当たりや立地など、実際に見てからでないと分からない要素もたくさんあるため、実際にお部屋を見ることを忘れずに。 良いお部屋との出会いがありますように!

ヨコヤマ
ウチコミ!でお得にお部屋探しをしよう
掲載物件は全て大家さん自身。不動産会社を挟まずに直接大家さんと話ができる新しいお部屋探し。ウチコミ!掲載物件は全て仲介手数料無料。ぜひ掘り出し物のお部屋を探してみてください!!
ウチコミ!でお部屋探しはこちら