なぜ不況下でも不動産の営業マンは高級車に乗れるのか?

車

不動産業界には営業マン個人が儲かるしくみがある!?

不動産業界には、この不況のなかでもベンツやBMWなどの高級車に乗っている営業マンがたくさんいます。物件を紹介するためにお客さんのところに高級車でやってくる営業マンを見て「ずいぶん儲けているのだろうな」と思った人も多いことでしょう。

たしかに、不動産会社の営業マンとしてある程度の成績を上げている人は儲かっています。これはフルコミッションの営業マンであろうと固定給の営業マンであろうと同じことです。

では、なぜこの不況のなかでも不動産会社の営業マンは高級車に乗れるのか。それは、業界のなかに「担ボー」という個人が儲かるしくみがあるからです。

いろいろな業界に、その業界の人だけが使う業界用語、隠語があります。よく知られているのは、テレビ業界の“逆さ読み”や略語の類。食事を「アゴ」と言うのですが、「アゴ足つき(食事、交通費負担あり)」のように、それらの言葉のなかには市民権を得て一般的になったものもあります。

警察業界(?)も業界用語、隠語のオンパレードですね。「ガサ入れ」(強制捜査)、「半落ち」(一部自供)などは広く知られている隠語です。また、銀行にも「ジャンプ」(手形支払期日の延長)、「飛行機手形」(めったに落ちない手形)など、たくさんの用語、隠語があります。業界ごとに挙げだしたらそれこそキリがありません。

なぜ、業界ごとに、そのようにたくさんの特殊な用語、隠語があるのでしょうか。きっと、「業界の外の人に知られるとマズイから」とか「業界のなかでは面倒な話を端折って手短かに事を進めたいから」といったことが理由でしょう。

「担ボー」というのは不動産業界の用語で、この言葉もあまり業界の外の人には知られたくないことを示しているのかもしれません。

担ボーとは「担当者ボーナス」の略

では、「担ボー」とはどのようなことなのか。それは、言葉のイメージから類推できるように、「担当者ボーナス」の略です。「なんだ、担当営業マンが受けとるボーナスのことか」。そう思った人がいるかもしれません。でも、それでは隠語になっている意味があまりありません。

実は「担ボー」は、一般のサラリーマンの方が夏と冬に会社から受けとるボーナスとはまったく異なるものです。その金額や支払われるしくみが一般にはほとんど知られていなくて、家を買うみなさんも、「そんなものが支払われているのか」と、きっと首をかしげるかもしれません。

本連載は、2012年9月10日刊行の書籍『不動産屋は笑顔のウラで何を考えているのか?』からの抜粋です。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

この記事のコラムニスト

大友健右
大友健右(株式会社総研ホールディングス代表取締役社長)
株式会社総研ホールディングス・株式会社アルティメット総研・株式会社プロタイムズ総合研究所 代表取締役社長。1972年生まれ。大手マンション会社で営業手法のノウハウを学んだのち大手不動産建設会社に転職。東京エリアにおける統括部門長として多くの不動産関連会社と取引、不動産流通のオモテとウラを深く知る。
ウチコミ!創設者
大友健右は収益物件の個人間直接売買ができるプラットフォーム「ウチコミ!」の創設者です。