収益物件としてワンルームマンションが人気の理由

ワンルームマンション

不動産投資には借り手の存在が不可欠です。もし、住宅の供給よりも借り手の需要が多ければ、そこには優良な投資環境があると言えるでしょう。最近では都心部のワンルームマンションに人気が集まり、住宅の供給量が間に合わない状況になっています。ワンルームマンションは投資する側にとっても購入資金が少なくて済み、回転率も高いため、魅力的な投資先と言えます。借り手が多ければ空室のリスクも低くおさえることができます。ここでは、今なぜ都心部のワンルームが多く借りられているのか、その理由について検証してみたい。

都心部エリアの人口・単身世帯数の増加

少子高齢化による人口の減少は、不動産投資を始めるにあたっての大きな不安要素でしょう。不動産投資を検討されている方からも、これから先、借り手がつかなくなるのではないかとご質問をいただくことがあります。しかし、都心部、特に東京都に限って言えば、近年人口の増加が急激に進んでいるのが現状です。その多くは単身世帯であり、それによりワンルームマンション需要が高まっていると言えるでしょう。今後も様々な要因から、都心部への一極集中は進むものと予想されます。ここではいまなぜ都心部であり、ワンルームなのか、検証してみたいと思います。

都市回帰傾向

近年、マスコミ報道にもあるように、都心部の不動産価格は上昇傾向にありますが、企業をはじめ大学などの教育機関等にも、都心部への回帰志向が年々強まっています。勤務先が都内にある方々にとっても、その近くに住居を構えるのは理にかなったことです。通勤時間を短縮でき、都心部ならではの利便性も享受できることになります。都心部の物件は不動産投資を行う側にとっても、賃料を高めに設定できるなどの良い点があります。ましてや人口増加で住宅需要が伸びているのであれば、十分に検討の余地があるでしょう。

単身世帯数の伸び

都心部では、単身世帯数が大幅に伸びています。その背景には、未婚者・離婚者の増加があります。地方にくらべ都心部ではライフスタイルの多様化が進み、こういった現象を引き起こしているものと思われます。また都心部には企業なども多く、独身のまま働き続ける人口をこの地域が一手に引き受けているという印象も否めません。また外資系企業の日本進出にともない、中長期間の日本滞在者が急激に増加しています。これも、都心部ならではの現象と言えるでしょう。こうした背景で、ワンルームマンション需要が高まっているのです。

最新設備を重視

都心部のマンションを選ぶ入居者が重視している設備には、どのようなものがあるでしょうか。ここでは特にワンルームマンションの場合についてお話いたします。やはり、防犯面で安心できるモニター付きインターホンやオートロックのエントランス、また女性には浴室乾燥も好まれるようです。他にも今や当然の感のあるエアコンや洗浄機能付き便座、バス・トイレが別であることなどがアンケートに上位で挙がっています。都心部では最新設備を重視して物件を選ぶ入居者が多いようです。そのため築浅のワンルームマンションは人気があり、いわゆる貸し手市場となっています。

この記事のコラムニスト

熊ヶ谷一幸
熊ヶ谷一幸(不動産鑑定士)
株式会社東洋不動産研究所 代表取締役。1966年(昭和41年)生まれ。平成元年 慶応義塾大学法学部政治学科卒業。
学生時代はバトミントンなどのスポーツとアルバイトに没頭。不動産を生かすのは人間次第であり、個人生活・企業活動の成長は不動産のあり方・価値を極大化し、さらに個人生活・企業活動を成長させる、という不動産とのベストな付き合い方を提唱。どのタイミングで取得して処分するのかを時間軸でとらえ、ソリューション型の不動産調査・鑑定を日々実践している。
趣味は、エアロビクス。大手スポーツクラブの特別会員となっており、時間があればあちらこちらのスタジオに出没しては、主に中上級者向けエアロビクスを楽しんでいる。来年は、競技エアロビクスにチャレンジしようと考えている。
[担当]物件調査
熊ヶ谷一幸は個人間直接売買において物件調査により権利関係の確認をします。