賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

古民家ってなに?古民家の定義とメリットとデメリットは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

こんにちは。ながれだあかねです。わたしの友人は、築100年の古民家を借りて住んでいます!遊びに行かせてもらったのですが、それはもう広々とした立派なお家でした。土間があるし、天井の梁は黒く深みのある色合い。縁側から涼しい風が入ってきて、わたしは一気に古民家の虜になってしまいました。「わたしも古民家に住みたい!」というと、友人は「住むなら体力のある若いうちだよ。冬は寒いし、虫は多いし、掃除も大変だよ・・・。」と。魅力がいっぱいの古民家ですが、実際に住むには相当の体力や覚悟が必要なようです。さて、今回は古民家暮らしのメリット・デメリットをご紹介します。

 

目次▼

❶古民家ってなあに?

❷古民家暮らしのメリット・デメリット

❸古民家を購入する際に気をつけることは?

 

 

 

❶古民家ってなあに?

 

どんなお家を「古民家」というのだろう?

 

 

「古民家」とは?

厳密にいうと古民家に正式な定義はない。目安としては、建築後50年経過した建物を一般的に「古民家」とされる。国が制定する文化財登録制度においては、築後50年以上経過したものが対象になっている。

 

 

50年以上たっていてもすべてが「古民家」とはいいづらいよね〜。なかには現代的な家もあるし

 

 

一般社団法人古民家再生協会では、次のような定義をしている!

一般的に古民家とは建築後50年経過した建物とされるが、一般社団法人全国古民家再生協会での「古民家」の定義は、昭和25年の建築基準法の制定時に既に建てられていた「伝統的建造物の住宅」すなわち伝統構法とする。

引用:一般社団法人全国古民家再生協会公式HP

 

つまり・・・

以下のような伝統構法があしらわれた特徴があると「古民家」と呼んでもおかしくないのだ!

・茅葺屋根や、草葺屋根、日本瓦葺き屋根、土間、太い梁がある

・木造軸組工法で建てられている

・築年数が50年以上たっている

 

 

❷古民家暮らしのメリットとデメリット

 

 

メリット

間取りが広々としており部屋数も多いため、来客などにも対応ができる

襖などを外せば広々とした空間を利用できるなど、間取りを調整できる

旅館のようなくつろげる空間

木の香りが落ち着く

古い(または都心から離れているなどの理由で)ため賃貸・購入費用が安い

木造のため夏は涼しい

趣のある生活ができる

デメリット

冬は寒い(部屋が広いため温まりづらい)

虫が多く、シロアリなどのリスクがある

水回りなどが古いこともある

耐震性・倒壊のリスク

セキュリティ面が不安

古民家は都心よりも田舎に多いので、ハチの巣などが作られる可能性がある

古民家に合う家具が限られる

機密性が低く、冷暖房の費用が高くなることも

 

 

❸古民家を購入する際に気をつけることは?

 

古民家は、建物自体の価値が低く見積もられるため固定資産税が安い。そのため不動産所得税も少なくなりやすいため、物件を安く購入できる傾向がある!

※空き家バンクに力を入れている自治体もあったり、購入に関して補助金なども受けられる可能性がある。これらの制度を利用するとよりコストを抑えることができる。

空き家バンクってなに?詳しくは下記記事をご参照ください!

「空き家バンクってなに?地方に移住するメリット・デメリット」

 

!注意点!

古民家は、水回りなどリフォームやリノベーションを行わないと住むのが難しいことも多い。工事費用もあらかじめ想定してから購入しよう。また1981年以前の旧耐震物件の場合、ローン控除が受けられない可能性がある。入居前には気がつかなかった家の傷みや雨漏り、扉の立て付けなど、修復する箇所が次々に出てくることも。「直しながら住む」という気持ちで購入した方がよいかもしれない。

 

 

 

いかがですか。古民家暮らしは憧れるのですが、困ったことに私は虫が苦手なんですよね・・・。「古民家に住みたいけど、購入する勇気はでないな〜」という人におすすめなのは・・・「古民家風」にリノベーションしている家を賃貸で借りるのはどうでしょう!?

ウチコミ!は、大家さんが直接物件を紹介しているお部屋探しのサイトです。大家さんがリノベーションした古民家風の物件(なかには古民家も)がたくさんありますよ!

 

(絵・文/ながれだあかね)

 

ウチコミ!は、全物件仲介手数料無料のお部屋探しサイトです。しかも大家さんに直接相談ができます。「ウチコミ!」のお部屋探しはコチラから!
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

住まいに関するありとあらゆる情報を独自の視点で日々更新していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!