賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

近未来的な街とアート、自然が共存する立川市の賃貸住宅

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

昭和記念公園カナール

■駅前が発達した東京三多摩地区の中心都市

 

立川市(たちかわし)は、東京都の多摩地域に位置する多摩地区の中核都市です。400万の人口が集中する東京三多摩地区の中心都市で、商業施設やオフィスが集まっています。立川駅はモノレールとオフィス街が集積する近未来都市的な景観となっており、駅前の発展ぶりは町田駅・吉祥寺駅・八王子駅と並びます。

 

快速電車なら東京駅まで40分、新宿駅まで25分と、アクセスも良好です。成田空港まで直通の成田エクスプレスや多摩モノレールなども通っていることから、交通の利便性も優れています。緊急災害対策本部が設置可能な防災都市でもあり、東京地裁立川支部など多数の国の機関も集まっています。

 

面積は24.36㎢、人口は約18万人。2016年の高齢化率は23.53%、生産年齢人口率(15~64歳)は64.04%で、65歳以上の高齢者人口は増加傾向にあります。

 

■文化・アートと緑豊かな街が共存

 

立川市は文化・アートの街でもあり、米軍基地跡地で再開発された「ファーレ立川」はアートが一体化した街づくりが計画され、現在は総数109点のパブリックアートが設置されています。立川市は買い物エリアとしても充実しており、都心に出なくても事足ります。

 

立川市には小広場や緑地といった公園が多数あります。昭和記念公園や多摩川、玉川上水など、緑が豊富なエリアも充実しています。

 

■子育て支援、手当・助成も充実

 

立川市では、児童手当、児童扶養手当、特別児童扶養手当、児童育成手当、乳幼児医療費助成制度などが受けられます。もちろん、ひとり親家庭支援や東京都の医療費助成もあります。ファミリーサポートセンターや子育てひろばなど、子育て支援事業も充実しています。

 

■保育施設は現在拡充中

 

立川市の待機児童数は2016年4月1日で196人。東京都ワーストランキングでは16位となっています。立川市では平成27年度から29年度までの3年間で保育施設の定員枠を500人近く拡大できるよう施設整備を推進しています。なお、立川市には私立幼稚園が11園あります。

 

■様々な物件が見つかりやすい

 

立川市では立川駅近くに賃貸物件が集中しており、錦町、高松町などは特に多くなっています。また、曙町、砂川町、柴崎町も物件が充実しており、全体的にマンションが探しやすい傾向があります。間取りはアパート、マンションともに1Kや1LDKが目立ちますが、2DK、2LDK、3LDK、戸建て、テラスハウスも多いです。

 

最寄り駅まで徒歩10分圏内の物件もあり、JRやバスなどにより交通の便も良好です。家賃は6万円~10万円が主流ですが、2万円台から物件を探すこともできます。築年数は築1年未満の物件から築20年~築30年の物件まで様々なものがあります。

立川市の仲介手数料無料賃貸物件リストはこちら

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

住まいに関するありとあらゆる情報を独自の視点で日々更新していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!