賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

武蔵野台地上に開かれたベッドタウン・小平市の賃貸物件

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

秋の小金井公園

■名前通り平坦な土地が多いベッドタウン

 

小平市は東京都多摩地域の北部にある市です。東は西東京市、北は東久留米市・東村山市・東大和市、南は立川市・国分寺市・小金井市と隣接しており、「小平」の地名のとおり、起伏が少ない地形となっています。

 

戦後には都営住宅の建設が進み、ベッドタウンとして人口が急激に増加しました。スプロール現象(人口が無秩序に拡大していく現象)も見られましたが、後に土地区画整理が行われています。

 

JR武蔵野線、西武鉄道国分寺線、多摩湖線、西武鉄道新宿線、拝島線が通っており、青梅街道、五日市街道、小金井街道、府中街道なども交通を支えています。

 

面積は20.51%、人口は19万人。高齢化率は22.57%で、生産年齢人口率(15~64歳)は64.41%となっており(2016年)、小平市では「高齢者保険福祉計画」「介護保険事業計画」を実施しています。

 

■交通網も充実、公園は281箇所

 

小平市は都心へ30分程度でアクセスできるため、特に学生や単身者に好評です。青梅街道や小金井街道などがあり、バスを使えばJR中央線や西武池袋線などにもアクセスできるので、郊外へ出る起点としても人気があります。各駅前には商店街やスーパーなどがあり、買い物に便利です。

 

小平市には市立の公園が281箇所にあり、なかでも中央公園はジャブジャブ池をはじめ、散策コースや噴水池、ブランコ、砂場、壁泉や広場などがあり、四季の移り変わりを楽しむことができます。また、散歩コースとしては広大な小平霊園も人気です。

 

■子育て支援課が子育てをサポート

 

小平市には子育て支援課があり、学童クラブの管理・運営、子育て相談、児童館事業、児童育成に関する手当の支給、乳幼児の医療費助成、ひとり親家庭の支援などを行っています。助成・補助金としては他にも障害のある子供に対する手当・医療費助成や小平市心身障害児福祉手当などがあります。

 

■2017年度は大幅に認可保育所が増える予定

 

2016年度における小平市の待機児童数は167人となっており、ワーストランキングでは東京都で20位。ランキングとしては悪くありませんが、そもそも子供が少ない地域なので、隠れ激戦区とも言われています。ただし、2017年度は認可保育所が大幅に増える予定でもあり、期待されるところです。なお、小平市には私立幼稚園が15園あります。

 

■単身者向け物件が豊富

 

小平市では、小平駅、恋ヶ窪駅、花小金井駅などの近辺に賃貸物件が多くなっています。ワンルーム、1K、1DKといった単身者向けの物件が多く、マンション、アパートが主流。駅から徒歩15分圏内、築年数10年~20年の物件が多くなっています。価格帯は5万円台~8万円台。

 

駅周辺に大学もあるので、学生向けの物件も多数あります。西武新宿線の支線である西武国分寺線沿線では、4万円台の物件も見つかります。各駅からはバスも出ているので、交通の便も良いでしょう。

小平市の仲介手数料無料賃貸物件リストはこちら

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

住まいに関するありとあらゆる情報を独自の視点で日々更新していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!