賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ウチコミ!タイムズ

ペット飼育不可物件で、ペットをこっそり飼育するリスクは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

 

こんにちは、ながれだあかねです。ペット飼育可の物件って、なかなか見つけるのが難しいですよね。

え〜い! こうなったらペット飼育不可の物件でこっそり飼ってしまえ!

コラコラ! ペット飼育不可の物件が多いのは、いろいろな理由があるんですよ! そしてそんなペット飼育不可物件で無断でペットを飼育するのはとても危険な行為なのです! 

目次▼

❶ペット飼育を禁止しているのはなぜ?

❷ペット飼育不可物件で、ペットをこっそり飼育するリスクは?


❶ペット飼育を禁止しているのはなぜ?

 

ペット飼育不可の物件、大家さんはなぜ禁止にしているんだろう?

ペットを飼育することで起きる物件への負担

・壁紙や床を傷つけたり匂いがつく

・共有部分が被毛などで汚れてしまう

→クリーニングや原状回復のための修繕費用が高くなる・時間がかかるため次の集客に影響がかかる

・・・部屋が傷むことで物件の資産価値も下がってしまう。さらに物件が清潔でないと入居者さんも快適に暮らせないので、ペットの飼育を許可していない物件も多いのだ。

 

ペットを飼育することで起きる入居者への負担

・ペットのアレルギーなどを持つ入居者さんの健康被害

・ ペットを怖いと感じる入居者さんへの精神的負担

・ペットの鳴き声や足音からくる入居者同士の騒音トラブル

・・・物件にはいろいろな入居者さんが住んでいる。中には動物の毛にアレルギーを持っている方もいるので、そんな方の健康被害から守るためにもペット飼育不可にしていることもある。

 

動物が苦手だったり動物の毛のアレルギーがある人にとっては、やっぱりペット飼育不可の物件も必要不可欠なんだね


 

❷ペット飼育不可物件で、ペットをこっそり飼育するリスクは?

動物を飼えば、匂いや壁紙や床の傷などで痕跡が残ります。さらに犬は散歩が必要ですし、猫を病院に連れて行く際など他の入居者さんの目に触れるかもしれません。ペット飼育不可物件でペットを飼育していることがわかったとき、どんなことが起きるのでしょうか。

 

ペットの飼育をやめるように警告される

・ペットの飼育をやめるように言われた場合(そのまま住み続けるのであれば)、知り合いに引き取ってもらったりペットの里親を探すなどして、ペットと離れなくてはいけない。

 

強制退去の通知が届く

・ルールを破ったことから強制退去になることもある。この場合、指定された期日までに家を出る必要がある。

 

罰金の支払いを請求される

・強制退去に加えて、修繕費用や罰金を請求される可能性がある。

  

ルールを破って飼育すれば、本人だけではなく罪のないペットまでも不幸にさせてしまう。ペット飼育不可でペットを飼育するのは絶対にやめよう!

 

動物が苦手な人、ましてやアレルギーが出てしまう人にとっては「ペット飼育不可物件」でペットを飼育されたら、大問題だよね。

 

いかがでしたか? 絶対にペット飼育不可物件では、ペットを飼ってはいけませんね。そして大切なのは、部屋を探す段階で、きちんと「ペットの飼育について」相談することです。

 

犬を3頭飼育しているんだけど、なかなか部屋が見つからなくて・・・

ご安心ください! 大家さんにチャットで相談できる「ウチコミ!」なら、「ペットの飼育数」「ペットの種類」などの具体的な相談も大家さんにすることができるんです。入居者さんがペットのお世話を責任持ってできる飼い主さんであれば、大家さんもきっと親身になって助けてくれますよ! 

(絵・文/ながれだあかね)

 

ウチコミ!は、全物件仲介手数料無料のお部屋探しサイトです。しかも大家さんに直接相談ができます。「ウチコミ!」のお部屋探しはコチラから!

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン『ウチコミ!タイムズ』では住まいに関する素朴な疑問点や問題点、賃貸経営お役立ち情報や不動産市況、業界情報などを情報発信。さらには土地や空間にまつわるアカデミックなコンテンツも。また、エンタメ、カルチャー、グルメ、ライフスタイル情報も紹介していきます。

ページのトップへ

ウチコミ!