ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

ペット飼育不可物件で、ペットをこっそり飼育するリスクは?(1/2ページ)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

 

こんにちは、ながれだあかねです。ペット飼育可の物件って、なかなか見つけるのが難しいですよね。

え〜い! こうなったらペット飼育不可の物件でこっそり飼ってしまえ!

コラコラ! ペット飼育不可の物件が多いのは、いろいろな理由があるんですよ! そしてそんなペット飼育不可物件で無断でペットを飼育するのはとても危険な行為なのです! 

目次▼

❶ペット飼育を禁止しているのはなぜ?

❷ペット飼育不可物件で、ペットをこっそり飼育するリスクは?


❶ペット飼育を禁止しているのはなぜ?

 

ペット飼育不可の物件、大家さんはなぜ禁止にしているんだろう?

ペットを飼育することで起きる物件への負担

・壁紙や床を傷つけたり匂いがつく

・共有部分が被毛などで汚れてしまう

→クリーニングや原状回復のための修繕費用が高くなる・時間がかかるため次の集客に影響がかかる

・・・部屋が傷むことで物件の資産価値も下がってしまう。さらに物件が清潔でないと入居者さんも快適に暮らせないので、ペットの飼育を許可していない物件も多いのだ。

 

ペットを飼育することで起きる入居者への負担

・ペットのアレルギーなどを持つ入居者さんの健康被害

・ ペットを怖いと感じる入居者さんへの精神的負担

・ペットの鳴き声や足音からくる入居者同士の騒音トラブル

・・・物件にはいろいろな入居者さんが住んでいる。中には動物の毛にアレルギーを持っている方もいるので、そんな方の健康被害から守るためにもペット飼育不可にしていることもある。

 

動物が苦手だったり動物の毛のアレルギーがある人にとっては、やっぱりペット飼育不可の物件も必要不可欠なんだね


 

次ページ ▶︎ | ペット飼育不可物件で、ペットをこっそり飼育するリスクは? 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

イラストレーター・ライター

武蔵野美術大学芸術文化学科卒業後、幼児教室にて絵の講師、不動産インターネットメディア事業「ウチコミ!」の広報部を経て、独立。現在はイラストレーター・ライターとして活動中。「お部屋探し」をテーマにした四コマ漫画を始め、似顔絵、結婚式のウェルカムボード、音楽をテーマにした作品を制作。水彩画を中心とした絵を描く。趣味はラジオと落語を聴くこと。 イラスト等のご依頼・ご相談は、下記URLのContactよりお気軽にお問い合わせください。 ながれだあかね 公式ホームページ https://nagaredaakane.morutto.com/

ページのトップへ