ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

引っ越し梱包のテクニック! 布団・寝具はどうやって運ぶ?(1/2ページ)

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

 

こんにちは! ながれだあかねです。

引っ越しでは、ありとあらゆる物を梱包しないといけません。硬いものから柔らかいもの、壊れやすいものに重いもの・・・。物に合わせて梱包の仕方を変えないといけませんよ。雑に梱包したせいで物が壊れたり傷んだりしたら悲しいですもんね。そして意外と悩まされるのが寝具の梱包です。

 

目次▼

❶柔らかい布団はどう梱包すればいいの?

❷マットレスはどう梱包すればいいの?

 

❶柔らかい布団はどう梱包すればいいの?

 

 

梱包する寝具はこんなにたくさん!

敷き布団、羽毛布団、枕、タオルケット、シーツ、マットレスなど

 

 

寝具をどうやって梱包しよう? かさばるからダンボール箱に入れるのは難しいよね。

  

寝具は、布団袋や布団用圧縮袋などに入れて梱包するのが便利! 

・羽毛布団には・・・布団袋(不織布ケース)がオススメ!

羽毛布団を4つ折りにして入れる不織布ケース。袋のマチが広いため、羽毛を潰さずに収納できる。

 

・布団用圧縮袋は・・・潰れないものがオススメ!

硬い敷き布団や毛布、シーツなどを梱包する際は、まとめて布団用の圧縮袋に入れるのがおすすめ。圧縮袋に入れてから掃除機で中の空気を吸いだすと、とてもコンパクトに梱包できる。 

※圧縮袋を使うときに注意しよう!

羽毛布団は圧縮袋に入れるのはNG!フェザーが折れたり潰れてペチャンコになってしまう。敷き布団を入れる場合は空気を抜きすぎないように注意しよう。圧縮しすぎると羽毛と同様にフワフワ感が失われてしまう!

布団袋や布団用圧縮袋は、ホームセンターや生活雑貨や家具を販売しているお店、100円ショップなどで購入可能なので探してみよう! 持ち手がついているものを選ぶと、運ぶのも楽チン!   

 

引っ越しする際の注意!

<布団は当日梱包しよう!> 

布団は引っ越し前日の夜まで使う。そのため引っ越し当日の朝、梱包することになる。引っ越し当日に慌てないように、他の荷物の梱包は終わらしておこう。また布団袋や圧縮袋は近くにおいておき、早朝の引っ越しでもスムーズに布団を梱包できるようにしておこう。

 

<運搬用の布団袋に注意!>

引っ越し業者が貸してくれるような布団を運搬するためのビニール製の布団袋は、長期間入れて保管しないようにしよう。通気性が悪いため、ダニやカビの原因になることもある。引っ越しが終わったら布団袋から出して、よく布団を乾かそう。保管する際は保管用の布団袋を使おう。

 

 

次ページ ▶︎ | マットレスはどう梱包すればいいの? 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

イラストレーター・ライター

武蔵野美術大学芸術文化学科卒業後、幼児教室にて絵の講師、不動産インターネットメディア事業「ウチコミ!」の広報部を経て、独立。現在はイラストレーター・ライターとして活動中。「お部屋探し」をテーマにした四コマ漫画を始め、似顔絵、結婚式のウェルカムボード、音楽をテーマにした作品を制作。水彩画を中心とした絵を描く。趣味はラジオと落語を聴くこと。 イラスト等のご依頼・ご相談は、下記URLのContactよりお気軽にお問い合わせください。 ながれだあかね 公式ホームページ https://nagaredaakane.morutto.com/

ページのトップへ