ウチコミ!タイムズ
賃貸経営・不動産・住まいのWEBマガジン

「聞きコミ!大家さん」——DIY好き必見 部屋を自分好みにできるシェアハウス

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

取材・文/國吉 美陽 撮影/渡口 あかり

今回ご紹介するのは、パラレルキャリアを応援するシェアハウス「Kamille(カミーレ)」。東京メトロ「浅草駅」からスカイツリーを眺めながら隅田川沿いを歩くと下町の雰囲気の残る住宅地にあります。昔ながらの商店街やレトロなカフェがある落ち着いた地域に位置する物件です。

物件は製作中 DIYを行いながら理想の生活作り

ご紹介するのは、台東区橋場に位置する「シェアハウスKamille 101号室」。リフォーム中のDIY自由物件なんです。森野オーナーは、現在の入居者である森田さんと2人で生活しており、物件のデザインや改修作業も一緒に行っているそうです。


森野オーナー(右)と現在入居されている森田さん(左)

今回改装作業中にお邪魔したため、作業中のお部屋も見ることができました!

建物内に入ってまず目を惹いたのは、タイル張りのお洒落なキッチン。森田さんの意見も取り入れ、一緒にデザインして完成させたのだそうです。


2人でデザインしたキッチン

そして床には、ヘリンボーン柄のクッションフロアが敷いてあり、大きな木目調のダイニングテーブルが目に入りました。こちらのダイニングテーブルは、一から森野オーナーが作成したそう。手作りとは思えないクオリティでびっくりしました。


手作りのダイニングテーブル(左) 過去の改装作業の様子(右)画像提供/森野オーナー

建築学科の友人や後輩などに手伝ってもらって断熱材を入れたり、大規模な修繕をしたりしたそうです。

パラレルキャリア応援型とは

普通はゆったりと休みたい休日までDIYをしているのは、お二人ともそれぞれ目標があるからです。

森田さんは1階のスペースで料理系のイベントを開催すること、森野オーナーは将棋BARを開くことが目標なんだそうです。

「本業とは別の収入源を確保すると、普段の生活に余裕ができるじゃないですか。しかもそれを自分の好きなことで実現できるなら、楽しいですよね」(森野オーナー)

「収入源が一つに縛られた人生はなんか嫌だな」と思って始めたのがこのシェアハウスなんだそうです。自由にDIYできるからこその柔軟性、本業に縛られて閉塞感を感じられている方はカバン一つで飛び込んでみるのもありかもしれません。

家具付きの部屋を募集中

現在入居者を募集している1階のお部屋に入ると、白く立体的に見えるような塗装が施され、グリーンが映えるシンプルですっきりとした印象のお部屋。机、椅子、ベッド付きなのが嬉しいですね。


募集中の101号室の様子

賃料5万円で、管理費は1万円。敷金・礼金はゼロです。

最寄り駅まで徒歩15分ですが、自転車の貸し出しもしています。景色を眺めながらのんびり運転するにはちょうどいい距離です。

DIY自由ですので、作りたいものやアイデアがあれば、森野オーナーや森田さんと一緒に作ってみてはいかがでしょうか。賃貸でDIYをしてみたい方や、理想のお部屋がなかなか見つからない方にピッタリなシェアハウスです。ぜひお問い合わせください。

【シェアハウスKamille101号室の募集情報はこちらから】
※成約した場合は閲覧できません

【ほかの聞きコミ!大家さんインタビュー記事】
モダンな一軒家で大型ペット飼育も叶う豊かな暮らし
フルリノベーション戸建て賃貸 レトロさを生かした居心地のよいおしゃれな空間
バッグ1つですぐ住めちゃう! “何よりも入居者のために”をカタチにしたお部屋

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

この記事を書いた人

「聞きコミ!大家さん」 担当編集

「聞きコミ!大家さん」では、賃貸物件を所有する大家さんが直接入居希望者を募ることができるウチコミ!をどのように活用しているのか、建物へのこだわり、ちょっとしたアイデアで空室が解消された事例などを紹介していきます。それぞれの工夫や取り組みが、賃貸経営に悩めるオーナーに対して少しでも参考になればと思います。

ページのトップへ